【鬼滅の刃197話考察】無惨の衝撃波|更なる進化がある予兆?

Pocket

【鬼滅の刃197話考察】無惨の衝撃波|最後の姿は彼岸花?

【鬼滅の刃197話考察】無惨の衝撃波についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では鬼滅の刃197話で無惨が口から衝撃波を放った事についての考察を、
  • 【鬼滅の刃197話考察】無惨の衝撃波|吸い込み、吐き出し自在
  • 【鬼滅の刃197話考察】無惨の衝撃波|無惨が助かる道
  • 【鬼滅の刃197話考察】無惨の衝撃波|最後の姿は彼岸花?
以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃197話考察】無惨の衝撃波|吸い込み、吐き出し自在


無惨の衝撃波を放つ口は更なる変身の前兆?〜最後の姿は彼岸花?〜

鬼滅の刃197話では、無惨の上半身に新たに大きな牙だらけの大口が出現し、そこから衝撃波を放つという新たな攻撃方法が披露されました。
 
ここにきて、まだまだ奥の手を隠していそうな雰囲気を感じさせます…
 
今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

吸い込み、吐き出し自在

現在、無惨の全身には鋭い牙を備える10を超える口が存在していますが、それは噛みつきや斬り裂きだけでなく、吸い込みにより敵を間合いに引き込むという働きも見せています。
 
しかも、無惨はその10を超える口を自在に操れるわけですから始末に負えない…
 
また今回は、吸い込めるなら当然吐き出す事もできるという事なのか、新たに出現した上半身の大口から衝撃波を放ち、その衝撃波は炭治郎と伊黒を戦闘不能に追い込み、離れた司令部にいる輝利哉達にまでダメージを与えました。
 
その効果範囲から考えて、吐き出すというよりは音波系の攻撃だったかも知れませんが、それならそれでますます本当に口としての働きを持つということになりますな。
 
これが今回の大口からだけでなく、全ての口から同時に衝撃波を発する事ができたとしたら、近づく事すらままならないという事態に陥りかねない…
 
しかし、急速な弱体化を続けている無惨にその力が残っているのか?
 
それが鍵となるかも?
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする