スポンサーリンク

【鬼滅の刃187話考察】縁壱が無惨を倒すために生まれてきた意味|直感以上の・・・

鬼滅の刃
Pocket

【鬼滅の刃187話考察】縁壱が無惨を倒すために生まれてきた意味|特別強く造られた?

【鬼滅の刃187話考察】縁壱が無惨を倒すために生まれてきた意味 についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃187話の考察として縁壱が無惨を倒すために特別強く造られたと感じた直感についてを、

  • 【鬼滅の刃187話考察】縁壱が無惨を倒すために生まれてきた意味|縁壱の直感
  • 【鬼滅の刃187話考察】縁壱が無惨を倒すために生まれてきた意味|ヒノカミからのギフト
  • 【鬼滅の刃187話考察】縁壱が無惨を倒すために生まれてきた意味|最後に
以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。
 
スポンサーリンク

【鬼滅の刃187話考察】縁壱が無惨を倒すために生まれてきた意味|縁壱の直感

縁壱の直感の意味に対する考察〜誰に特別強く造られて生まれてきたのか?〜
 
鬼滅の刃187話…
 
継国縁壱は気になるセリフを口にしました。
 
他人と違う世界を見て生きてきた縁壱の直感はどんな事実と繋がっているのか?
 
今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

縁壱の直感

継国縁壱は、天才と言わざるを得ない存在です。
 
人間離れした身体能力と知覚能力を持ち、また、生き物の体が透けて見えるという異能からは類まれな頭脳も持ち合わせていると考えられ、それでいながら生命を慈しむ情深い人格…
そして、直感力ですな。
 
縁壱は無惨と対面しただけで、自分は無惨を倒すために生まれてきたのだと直感しました。
また、炭吉に無惨との戦いについて語る中、
 
『私はおそらく鬼舞辻無惨を倒すために特別強く造られて生まれてきたのだと思う』
 
という非常に意味深そうなセリフを口にしました。
 
これは縁壱の思い込みなんでしょうか?
 
甲塚は違うように思うのです。
 
縁壱は生まれつき生き物の体を透視する事ができますよね?
 
これは普通に考えるなら、物理的には絶対に不可能なはずです。
 
人間は目に映して、脳で物を見るわけですから、縁壱は脳で透視を行なっているように思います。
 
これはおそらくイマジネーション能力が恐ろしく高い事の現れであり、甲塚はイマジネーション能力は直感に直結したものだと考えており、イマジネーション能力が高いという事は、文化的な生活によって育つ固定観念による人間の根源的、原始的能力のスポイルを抑えると考えます。
 
『こんな事できたらいいな、でも、できるわけないな』
 
人間はこんな風に自分のイマジネーションを固定観念で搔き消してしまいますが、それが『できない』と誰が決めたのか?
 
陸上男子100メートルにおいても、一昔前は日本人が9秒台で走るなんて無理だというのが世の中の風潮でしたが、桐生祥秀選手が9秒台で走った後、サニブラウン選手、小池選手と現在は3人の日本人が9秒台で走っています。
 
縁壱は、『できる、できない』ではなく、ただ『やる』のだと思うのです。
 
まあ、実行できてしまう能力があるからできてしまうんでしょうが…
 
縁壱の直感は、イマジネーションからくるものであるが、縁壱はそれを何者かからの『ギフト』だと直感しているように甲塚には思えます。
 
そのギフトの送り主は…
 
縁壱の母親が信仰していた『太陽の神様』であると縁壱は直感というより確信しているようにも、甲塚には思えるのです。