スポンサーリンク

【鬼滅の刃191話考察】無惨の異常な強さ|縁壱戦時より進化しているのか?

鬼滅の刃
Pocket

【鬼滅の刃191話考察】無惨の異常な強さ|炭治郎とついにタイマン!

 

【鬼滅の刃191話考察】無惨の異常な強さについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では鬼滅の刃191話で一瞬で柱たちを全滅させた無惨の強さについての考察を、

  • 【鬼滅の刃191話考察】無惨の異常な強さ|縁壱戦時の無惨
  • 【鬼滅の刃191話考察】無惨の異常な強さ|現代の強さ
  • 【鬼滅の刃191話考察】無惨の異常な強さ|まだ進化する?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃191話考察】無惨の異常な強さ|縁壱戦時の無惨

無惨はまだまだ強くなる?縁壱戦時より進化しているのか?

鬼滅の刃191話は、ようやく復活した炭治郎が仇敵・無惨との再戦が始まりそうなラストとなったなったわけですが、無惨はまだ余裕を見せているように見える…
 
今回は現在の無惨の強さについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

縁壱戦時の無惨

無惨は数百年前に継国縁壱に完敗していますな。
 
現代のような姿に変身する人間体のまま成す術なく斬られてしまい、最後には数千の肉片に分かれて、その大半を斬られながらも何とか生き延びたという状態でした。
 
あの時も無惨は余裕を見せていましたが、斬られて再生できない事ではじめて縁壱の強さを認識した事から、無惨には相手の強さを推し量る洞察力が足りていなかったのか、または慢心して感覚が狂っていたのかも知れませんな。
 
しかし、相手の強さを推し量る洞察力も『強さ』の一部と言え、当時の無惨にはやはりその能力が足りていなかったように感じます。
 
縁壱の強さを察していたなら、もう少しは粘れたはずでしょうから…(笑)
 
甲塚的には、当時の無惨は現代ほどの強さはなく、縁壱に斬られた経験があって現代のレベルまで強くなったのではないでしょうか?
 
また、気になるのは肉片となった無惨がどうやって元の姿に復元できたかです。
 
その過程を想像したら、何だかかなり気持ち悪いイメージしか浮かんできません。
 
また、縁壱の追撃から逃れるために子供くらいの小ささに擬態していた可能性もありますな…