スポンサーリンク

鬼滅の刃193話ネタバレ!胡蝶しのぶと珠世の置き土産!|無惨を1分で五十年老化させる策!

鬼滅の刃
Pocket

鬼滅の刃193話ネタバレ!胡蝶しのぶと珠世の置き土産!|炭治郎は十二の型を繫げる!

鬼滅の刃193話ネタバレ!胡蝶しのぶと珠世の置き土産! についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ジャンプ最新11号に掲載されていた鬼滅の刃193話の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • 鬼滅の刃193話ネタバレ!胡蝶しのぶと珠世の置き土産!|炭治郎と縁壱の違い
  • 鬼滅の刃193話ネタバレ!胡蝶しのぶと珠世の置き土産!|吸収された珠世のナイスな一言
  • 鬼滅の刃193話ネタバレ!胡蝶しのぶと珠世の置き土産!|胡蝶しのぶの策

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク

鬼滅の刃193話ネタバレ!胡蝶しのぶと珠世の置き土産!|炭治郎と縁壱の違い

鬼滅の刃193話は、復活した炭治郎の予想以上の力を無惨が冷静に分析しているシーンから始まります。
 
 
 
 
 
しかし無惨はこれまでに戦ってきた相手の中で最強であった縁壱と比べ、炭治郎はまだ縁壱に遠く及ばないと判断します。

一方、炭治郎はヒノカミ神楽を六つまで繫げましたが、もともとが疲労困憊の限界の状態であったので肉体的にもかなり無理をしている様子。

そして一秒、一秒を繫げていこうと精神で踏ん張ります。

しかし瞬く間に技の精度も落ちていき無惨も192話で炭治郎に見た縁壱の影が間違いであったと自分を納得、安心させ自分に言い聞かせるように縁壱のような人間が早々生まれてなるものかと思うのでした。