スポンサーリンク

約束のネバーランド読み切りの感想ネタバレ|特別番外編

漫画レビュー
Pocket

約束のネバーランド読み切りの感想ネタバレ|レイと脱獄の真実

約束のネバーランド読み切りの感想ネタバレについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ジャンプ最新44号に掲載されていた、約束のネバーランド特別番外編の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • 約束のネバーランド読み切りの感想ネタバレ|知っている苦しみ
  • 約束のネバーランド読み切りの感想ネタバレ|逃避と決意
  • 約束のネバーランド読み切りの感想ネタバレ|行動を起こすレイ

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

約束のネバーランド読み切りの感想ネタバレ|知っている苦しみ

 

レイと脱獄の真実を描いた特別番外編!

 

甲塚
甲塚

完結した約束のネバーランドですが、今回レイと脱獄の真実を描いた特別番外編が読み切り掲載されました!

今回はその内容と感想を妄想をまじえて書かせて頂きます!

知っている苦しみ



優しいママと友達に囲まれて幸せなで安心なはずのハウス…しかし、それは偽りでここは農園であり、自分達は食料として育てられているという真実をただ一人しるレイ…


いつかは食料としてこの世から失われていく自分と家族達の命…
絶望の運命の中で生きることを強いられる幼子の心中は…?


まずは真実を深く知る事…
食料となるのは6歳から…
しかし、その順番はどのように決められているのか?
何か法則があるのか?
それは成績?


事実、成績の低い順から約2ヶ月に一度の割合で殺されている…
だとすればエマとノーマン、そして自分は当面は大丈夫だ!
当面は生き残れる!
まだ6歳程度の子供がそれを理解して常に死に直面しながら生きるという精神状態はどんなものなんでしょうか?
しかも、自分と特に仲のいいエマとノーマン以外はいつ死ぬか、いや食われるかと言う状態だと言うことに気づくと…


起きていれば考えるし、ねても悪夢に苛まれる地獄のような日々…
もう可哀想で可哀想で仕方ないですな…