スポンサーリンク

【ベルセルク363以降考察】ソーニャの正体|ガイゼリック王の想い人の転生した姿?

ベルセルク考察
Pocket

【ベルセルク363以降考察】ソーニャの正体|覇王を導く巫女?

【ベルセルク363以降考察】ソーニャの正体についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ベルセルクの363話以降の考察として、ソーニャの正体についての考察を、

  • 【ベルセルク363以降考察】ソーニャの正体|生まれつきの霊感
  • 【ベルセルク363以降考察】ソーニャの正体|ガイゼリックの想い人
  • 【ベルセルク363以降考察】ソーニャの正体|光の鷹の為なのか?

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

【ベルセルク363以降考察】ソーニャの正体|生まれつきの霊感

 

ソーニャの正体はガイゼリック王の想い人の転生した姿?〜覇王を導く巫女?〜

甲塚
甲塚

ベルセルク363話以降で甲塚が気になる事の一つに挙げるのが鷹の巫女ソーニャの正体についてです。

 

今回は、光の鷹にとって無くてはならない存在に見える彼女の正体について妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます!

 

生まれつきの霊感

ソーニャはごく普通の女の子として育ったようですが、生まれつき霊感が鋭く、常人には見えないものが見えたり、聞こえない音声が聞こえたりしたようです。

シールケのように特に訓練を受けたものでなく天性のものであるようですが、『ベルセルク』には、他にそんなタイプの人間は登場していない…

また、ソーニャは光の鷹グリフィスに付き従うようになって、その力はますます強くなっているようで、戦場では念話で全軍に意思を飛ばしたり、何故か空の道も世界双樹の枝がどこに繋がっているか手に取るように知覚できついるようです。

彼女にそんな知識を与えるような存在は新生鷹の団やファルコニアのどこを見ても見当たらない…

ソーニャの生まれついての天性の霊感は、偶然そう生まれたのではなく、何者かを補佐したり導いたりする為に必然的に備わって生まれてきたかのように感じられます。

おそらく、光の鷹グリフィスに足りない何を補う為なんでしょうが、もしかしたら本来ならそれは光の鷹グリフィスではない他の誰かの為の力だったんじゃないかとも思えますが…

魔のイデアの意思で生まれた存在であるかも知れませんが、そんな存在を生み出せるなら、グリフィスが蝕で転生したり、再び受肉して戻ってきたりとか周りくどいような過程を経ずともそうできたはずだ…

そう考えると魔のイデアやベヘリットの転生システムにも限界がありそうな気がしてきますな…

また甲塚はソーニャはもしかしたらガイゼリックの想い人だったと思われる美女に関係する存在なんじゃないかとも妄想します。

スポンサーリンク
ベルセルク考察
スポンサーリンク
kozuka.senosukeをフォローする
スポンサーリンク
【ワンピース考察】甲塚誓ノ介のいい芝居してますね!
タイトルとURLをコピーしました