東京喰種re月山習についての考察|作品中屈指の変人も今は良い人(喰種)


東京喰種re月山習についての考察|変人から好人物、執着から愛情へ

東京喰種re月山習

東京喰種re月山習についての考察についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では東京reの登場人物の中でも変わった登場人物は多いですが、その中でも屈指の変人の月山習についての考察を

  • 東京喰種re月山習についての考察|人物像
  • 東京喰種re月山習についての考察|愛情豊かな名家育ち
  • 東京喰種re月山習についての考察|叫び

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京喰種re月山習についての考察|人物像

東京喰種re月山習

『東京喰種re月山習についての考察~変人から好人物、執着から愛情へ~』

東京喰種に登場する喰種の中でも特に変人度が高かった『月山習』。

そんな彼が、今や面倒見がよく、愛情深い好人物へと変身しました。

それには、カネキの影響が大変大きい事かと思われます。

今回はそんな月山習についての考察を書かせて頂きます。

月山習

初登場はカネキが通っていた上井大学に現れてました。

カネキの先輩である、ニシキも同じ大学でニシキとも絡みました。

喰種でありながら日本経済に大きな影響力を持つ月山財閥の御曹司であり、容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能の全てを持っているスーパーマン。

しかし、その正体は『食』に対してかなり変わった趣味を持つ
変人でした(笑)

半喰種であるカネキを至高の食材と捉え、あれやこれやと策略を巡らせてカネキを食べようとしましたが、最後にはカネキとトーカ、ニシキに敗れ、その夢は潰えたかに見えましたが、類い稀なる執着心で復活し、カネキに付きまといました。

しかし、いつの頃からかカネキを『友人』として扱うようになり、『東京喰種』終盤でカネキが有馬に敗れ死亡したとされていた時には精神を病み、『re』では食に対する興味を失い、廃人のようになっていました。

しかし、カネキが佐々木排世として生きている事を知ると復活。

彼に近づきますが、記憶を失っていると知ると、記憶を取り戻そうと行動。

カネキが復活してからは、その『剣』として付き従うようになり、ナキという良い相棒もできました(笑)

今や、カネキな対する感情は最早愛情に変わっており、彼の為に献身的に働くようになりました。

東京喰種re月山習についての考察|愛情豊かな名家育ち

東京喰種re月山習

愛情豊かな月山家

月山は今も変人である事に変わりありませんが、元々愛情豊かな人間であったようです。

それはおそらく、父親である月山観母の影響が大きいでしょう。

月山家は主人から使用人に至るまで一族の結束が固く、月山家の人間が一人でもピンチになれば一丸となって助けようとします。

また、観母は慈善事業にも熱心であり、人間をも愛情の対象としているようです。

習も高校時代からの友人である堀とは相手が人間でありながらも、今も精神的結びつきが深いようです。

月山家はCCGにより壊滅させられたはずですが、『re』の第14巻では観母が登場し、月山グループ傘下でナァガラジの被害を受けた企業の支援活動をしていました。
また、カネキのサルベージに多数必要な金属探知器を集める為に総理大臣をめ動かす力を持っていました。

月山家は喰種の一族である事が露見してもなお、国に対する影響力を持っているようです。

それは、月山家が国から恐れられているというより、信頼されている事だと、私は思います。

東京喰種re月山習についての考察|叫び

東京喰種re月山習

月山の叫び

第14巻にて、カネキに従う喰種の一部がナァガラジとなったカネキは、人間に虐げられている自分達の為にナァガラジとなり、人間に復讐してくれといると考えるもの達が現れました。

それを我慢しながら聞いていたトーカより早く月山が激昂し、人間でも喰種でも分け隔てなくいつでも他者を思いやるのがカネキであり、断じて復讐などするはずがないと言い切ります。

また、

『彼に幸せになって欲しいと思っているのは僕だけなのかい?』

という問いかけにより、その場を収めてしまい、カネキのサルベージの為に喰種が人間と協力する為の架け橋的な行動をしました。

月山のその思いは本物であり、それはシンプルて美しい友への愛情に他なりません。

私、月山のこのセリフには涙腺が緩んでしまいましたね(笑)

月山の今後

大好きな友人であるカネキの為なら、月山はなんだってするでしょう。

それが月山家の人間の特性であるからです。

カネキのサルベージが成功し、喰種と人間の共生が社会的に実現したなら、おそらく月山財閥はそれに大きな貢献をするのではないかと思われます。

習は必ず月山家を継ぐ事になるので、喰種の多くは月山グループの企業で生きていく事になるのではないかと思われますが、そうなれば喰種も経済を支える事になり、おそらく市民権が得られ、日本国民として生きていく事ができるでしょう。

最終的には月山習は学校の教科書に載る人物になるかも知れませんね(笑)

まとめ

しかし、私が切望するのは相棒であるナキの復活。

月山×ナキのやり取りは見ていて微笑ましいですし、もしナキが復活し、ミザと結ばれるなら、その結婚式のプロデューサーは無論月山でしょう。

そんなシーンが描かれたなら、涙無しには読めませんよね?(笑)

この記事でのご紹介は以上になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

その他の東京喰種re関連記事

東京喰種re月山観母の考察|月山家当主にして黒山羊の幹部的存在

東京喰種re14巻で素顔を晒したヒデこと永近英良の謎に迫る|命を与えられた人間?

東京喰種re14巻を読みナキ復活の可能性を考える|屈指の愛されキャラ故に!

東京喰種re14巻からナァガラジについての考察・最新(ネタバレあり!)|ナァガラジは赫子の怪物!?

東京喰種re第14巻の感想と考察【ネタバレ】|加納の正体は?

東京喰種re13巻の感想と考察【ネタバレ】|ピエロのボスは・・・!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする