シンエヴァンゲリオン劇場版公開日はいつ?内容は?|予想考察


シンエヴァンゲリオン劇場版公開日はいつ?内容は?|首がキリンどころかブラキオサウルス並みに長くなっています

シンエヴァンゲリオン劇場版公開日内容

シンエヴァンゲリオン劇場版公開日はいつ?内容は?についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では公開が待ち遠しくて待ち遠しくてキリンどころかブラキオサウルス並みに首が長くなっている方も多い事と思う劇場版のシンエヴァンゲリヲンの公開日や内容についての考察に予想を

  • シンエヴァンゲリオン劇場版公開日はいつ?内容は?|再来年(2019年)の春?
  • シンエヴァンゲリオン劇場版公開日はいつ?内容は?|シンジ自体がエヴァに?
  • シンエヴァンゲリオン劇場版公開日はいつ?内容は?|シンジの進化

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンエヴァンゲリオン劇場版公開日はいつ?内容は?|再来年(2019年)の春?

シンエヴァンゲリオン劇場版公開日内容

『シン・エヴァンゲリオンについて、ちょっと予想&考察します』

公開が延び延びになり、首が長くなりすぎている方も多いかと思われる新劇場版エヴァンゲリヲンの完結編『シン・エヴァンゲリオン:∥』について、ちょっと予想&考察をしてみたいと思います。

公開日はいつ?

これはもう、正直あてになりませんね(笑)

しかし、これは悪い意味ではなく、少しでもよいものを視聴者に提供しようという庵野監督の意向にマルッとついていこうという意味です。

正直、1日でも早く結末を見たい、知りたいとは思いますが、ファンからの期待という、とてつもなく巨大なプレッシャーの中で戦う庵野監督が納得して発表できるものを見たいからです。

もう、ファンと庵野監督の根くらべだと思いますね(笑)

『エヴァンゲリオン』の世界を創造したのは庵野監督に他なりませんし、終結させるのも庵野監督本人しかいませんし、できません。

ファンは黙って、それを待つのが『たった一つの冴えた方法』であると思います。

甲塚的には再来年の春くらいなんじゃないかな~?とか勝手に予想していますが…

シンエヴァンゲリオン劇場版公開日はいつ?内容は?|シンジ自体がエヴァに?

シンエヴァンゲリオン劇場版公開日内容

真のエヴァンゲリオンとは?

『破』だったかな?
ゲンドウ君と冬月先生が『真のエヴァンゲリオン』という言葉を使っていたのですが、甲塚はこれが気になって仕方ありませんでした。

なぜなら、甲塚は『破』のラストを見た時に、

『こりゃあ、シンジ君自体がエヴァになるな…』

という予感がしたからです。

旧劇場版はラスト前に、生命と知恵の実の両方を得たエヴァは神と同じであり、不死であるから、その中に人の心が宿れば、人の心は永遠に残るなんてことが言われてましたが、それそのものが間違いであり、今回は『ヒト』そのものが『エヴァ』になる、それがハッピーエンドに繋がるのではないかと…

現に、ニアサードインパクトが起きた後に、かなりの数の人間がエヴァのような姿の『インフィニティ』とやらに変身したようですし…

今回の新劇場版はネガティヴな生命の原初への『回帰』により救われようとするのではなく、生命が前に進む為の『進化』によるポジティブな魂の救済が描かれようとしているのではないでしょうか?

シンエヴァンゲリオン劇場版公開日はいつ?内容は?|シンジの進化

シンエヴァンゲリオン劇場版公開日内容

シンジ君も進化

シンジ君は、『破』で人間として急劇に成長しましたね。

自分の意思で行動を起こし、見事大切な綾波を使徒のコアの中から救出しました。

甲塚は、その綾波救出のくだりで涙を流してしまいました。

シンジ君の思いが痛いくらい伝わったからです。

自分の生命や世界の運命よりも、今、為すべきだと思う事に全力で取り組む!

その強い気持ちに、甲塚の心は震えました。

しかし、『Q』では周囲の激変について行けず、『何かをやらねばならない』という思いが暴走し、またやらかして凹みに凹んでしまっている状態です。

そりゃあ、14年も初号機の中にいたら、そうなって当然(笑)

しかし、『やらねばならない!』という思いが暴走するくらい強いという事で、シンジ君は決してネガティヴではなかったと思います。

おそらく、シンジ君はすでに『エヴァ』になっていると思うのですが、彼にその自覚は全くありませんね。

完結編では、その覚醒の瞬間が見られるのではないでしょうか?

『コア』の意味

エヴァや使徒の内部にある『コア』という赤い物体ですが、これはおそらく『生命』そのものが物質化したものであると思います。

現在、新劇場版の世界の海は赤色をしていますが、あれは『生命』の色なのでしょう。

旧劇場版で全ての人間が『生命の海』に回帰しましたが、今回はそこから始まっているように思います。

新劇場版は、『赤い海』から『青い海』に帰す。

つまり、

『赤い海』にとけた無数の生命がサルベージされるという結末に至るのかも知れません。

『ヴィレ』は『破』で加持の誘いでシンジ達が訪れた実験プラントを運営する『海洋生態系保存機構』が元ではないかと言われています。
ここでは『青い海』を取り戻す為の研究が行われていたようですね。

故に、旧劇場版では結局『ゼーレ』の望む終局を迎えてしまったわけですが、今回は『ヴィレ』の望む終局に落ちつくのかも知れませんね…

まとめ

ざっと書いてきましたが、まだまだ色々書きたい事があるので、時々書かせて頂こうと思ってます。

まあ色々たくさんの伏線が散りばめられていて、全部回収できるのかも楽しみの一つになりますが、一つでも訪れたの謎が解明される事を祈ります(笑)

公開までは、妄想を膨らませながらじっと我慢、我慢ですな!(笑)

この記事でのご紹介は以上になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする