【鬼滅の刃190話以降考察】赫刀の正体と意味|人間が命を使って燃やす太陽?

Pocket

【鬼滅の刃190話以降考察】赫刀の正体と意味|赤くなる意味は?

【鬼滅の刃190話以降考察】赫刀の正体と意味についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃190話以降の考察として】赫刀の正体と意味についてを、

  • 【鬼滅の刃190話以降考察】赫刀の正体と意味|『赫』の意味
  • 【鬼滅の刃190話以降考察】赫刀の正体と意味|『赫』と『血液』と『光』と『熱』
  • 【鬼滅の刃190話以降考察】赫刀の正体と意味|生命を使って燃やす刀の姿をした太陽?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃190話以降考察】赫刀の正体と意味|『赫』の意味

赫刀の正体と意味についての考察〜赫刀は人間が命を使って燃やす太陽そのもの?〜

鬼滅の刃189話にて伊黒が顕現した『赫刀』!
 
気になるのは刃の色に関わらず赤くなるという性質の意味と正体…
 
今回はそれについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

『赫』の意味

『赫刀』の『赫』という漢字は『赤』が二つで成立していますが、それは熱と光を伴う単なる色を超越した『赤』を意味するようです。
 
『赫』には『赫灼』という熟語が存在しますが、その意味は
 
『光輝いて明るい事』
 
であるようです。
 
甲塚が『赫灼』という熟語から連想するものはズバリ『太陽』です。
 
『赫灼たる太陽』
 
とか
 
『赫灼と燃える太陽』
 
なんて使い方をよく見るように思うのですが、『太陽』は古来より世界中で生命の象徴とされる事が多く、甲塚的には『太陽』転じて『生命』とも考えられ、今、無惨との戦いの最中である柱達の様子を見ていると
 
『赫灼たる生命』
 
 
『生命を赫灼と燃やす』
 
なんて表現をしたくなります。