鬼滅の刃146話ネタバレ!珠世大ピンチ!|次は猗窩座(アカザ)VS義勇&炭治郎?


鬼滅の刃146話ネタバレ!珠世大ピンチ!|同門対決は決着!

鬼滅の刃146話ネタバレしのぶ生きていた

鬼滅の刃146話ネタバレ!珠世大ピンチ!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、週刊少年ジャンプ12号に掲載されていた鬼滅の刃146話の内容と感想をネタバレも含みますが、

  • 鬼滅の刃146話ネタバレ!珠世大ピンチ!|最後まで善逸を認めれなかった獪岳
  • 鬼滅の刃146話ネタバレ!珠世大ピンチ!|愈史郎
  • 鬼滅の刃146話ネタバレ!珠世大ピンチ!|猗窩座現れる!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鬼滅の刃146話ネタバレ!珠世大ピンチ!|最後まで善逸を認めれなかった獪岳

鬼滅の刃146話ネタバレしのぶ生きていた

鬼滅の刃146話は、前回の145話で善逸の雷の呼吸の七の型を受け首が飛ばされたのにまだ意識だけはあるように見える獪岳の心の声から始まりました。

鬼滅の刃146話ネタバレしのぶ生きていた

そして首だけになった獪岳に善逸を救出にきた珠世の力で唯一鬼になった救護班に紛れ込んでいる愈史郎がすれ違いざまに言った言葉が全てのような気がします。

人に与えない者はいずれ人から何ももらえなくなる!

まさしくそれを体現して逝ってしまったのが獪岳だったのでしょうね。

鬼滅の刃146話ネタバレしのぶ生きていた鬼滅の刃146話ネタバレしのぶ生きていた

愈史郎に担がれて運ばれる中、善逸は生と死の狭間なのか、それとも夢なのか師に会います。

鬼滅の刃146話ネタバレしのぶ生きていた鬼滅の刃146話ネタバレしのぶ生きていた

夢か生と死の狭間の世界で師に謝る善逸ですが、師は善逸にお前は儂の誇りじゃと言ってくれるのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする