スポンサーリンク

鬼滅の刃204話以降の村田のその後|産屋敷家の商売に乗っかる?

鬼滅の刃
Pocket

鬼滅の刃204話以降の村田のその後|Mr.中間管理職

 

鬼滅の刃204話以降の村田のその後についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では鬼滅の刃204話以降で鬼殺隊の村田のその後についての考察を、
  • 鬼滅の刃204話以降の村田のその後|常識ある凡人、村田
  • 鬼滅の刃204話以降の村田のその後|中間管理職の権化
  • 鬼滅の刃204話以降の村田のその後|産屋敷家の商売に乗っかる?
以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
 
スポンサーリンク

鬼滅の刃204話以降の村田のその後|常識ある凡人、村田

 

村田のその後はどうなんだ!?〜産屋敷家の商売に乗っかる?〜

 
204話、炭治郎らの見舞いに押し寄せた鬼殺隊隊員の中にあの男…村田らしき男の姿が確認できます。
 
完全な脇役ながらも鬼滅ファンを惹きつける村田…(笑)
 
全てが終わった今、気になる彼のその後は?
 
今回はそれについて妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます。
 

常識ある凡人、村田

村田という男を一口に現すとすれば、
 
『常識ある凡人』
 
が適当かと思います。
 
鬼殺隊という非日常的な組織に在籍し、鬼との戦いの中で常に死と隣り合わせという異常な生活を送りながら、小市民的な精神構造を保ち続けれということは、強靭な精神力を必要とするのではないでしょうか?
 
普通なら、異常な生活から生じるストレスに飲まれ、精神が病んだり、人格に問題が生じても何ら不思議はない…
 
先輩からはプレッシャーを受け、後輩には追い抜かれる…
 
それでも心折れず、今、自分にできる事を的確にこなしていくというスタンスを貫くことは立派であると思うのです。
 
柱がいるから、炭治郎達がいるから、俺はそんなに頑張らなくていい、俺なんかいてもいなくてもそんなに変わらない…
 
口ではそんな事を言っていても、行動はそうではないと感じさせる村田のひたむきさを甲塚は非常に気に入っています。