ベルセルクの髑髏の騎士の正体は?|冥府魔道の始まりと終わり


ベルセルクの髑髏の騎士の正体は?|幽界の存在

ベルセルク髑髏の騎士正体

ベルセルクの髑髏の騎士の正体は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ベルセルクの作中でも極めて謎の多き登場人物の髑髏の騎士の正体についてを

  • ベルセルクの髑髏の騎士の正体は?|恐るべき戦闘力
  • ベルセルクの髑髏の騎士の正体は?|幽界の存在
  • ベルセルクの髑髏の騎士の正体は?|力の源

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルセルクの髑髏の騎士の正体は?|恐るべき戦闘力

ベルセルク髑髏の騎士正体

ベルセルクの髑髏の騎士の正体についての考察~冥府魔道の始まりと終わり~


私を含む漫画『ベルセルク』読者の最大の関心事の一つに、謎多き『髑髏の騎士の正体』が挙げられるはずです。

今回はそれについて、ちょっと深く掘り下げ、妄想たっぷりに考察してみたいと思います

髑髏の騎士とは?

人間の骨格を模した白銀の甲冑に身を包み、薔薇をイメージした剣と盾を装備し、ガッツとそれほど変わらない大柄な体格。

同じく骨格を模した装飾品を身につけた白馬に跨り、物理法則に縛られないが如く超スピードで疾走し、飛翔まで可能。

更に、超越者である『使徒』を一刀のもとに切り捨て、『不死者ゾッド』と互角以上の戦いを見せるほどの戦闘力を持つ謎の騎士。

『蝕』が催されていた『力場』に物理的に介入し、ガッツとキャスカを救出して以来、度々ガッツの前に現れては手助けや助言を行う。

ガッツとの初対面の時に、何故か彼の出生の事まで知っており、また、魔道についての知識が深い。

ゴッドハンドを『彼の渦に葬り去る』為に行動しているようで、自ら『人外の者に千年仇なす者』と名乗る。

天使長ボイドとは因縁が深いらしく、『蝕』に介入した時にはいの一番にボイドに斬りかかっていた。

ガッツと行動を共にする魔女シールケの師匠フローラとは旧知の仲であり、ちょうど今のガッツとシールケのような関係にあったらしい。

また、彼はゴッドハンドを『彼の渦に葬り去る』為に、倒した『使徒』達から回収したベヘリットを飲み込み、体内で練り上げ、自身の剣にそれをまとわせた『喚び水の剣』を生み出す事もしている。

パックは彼からエルフの気配に似たものを感じとった事がある。

また、現在ガッツが纏う『狂戦士の鎧』の前着用者である事を自ら語っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする