ベルセルク読者には嫌われがちなソーニャについての考察|異彩を放つ鷹の巫女


ベルセルク読者には嫌われがちなソーニャについての考察|不思議少女の恐るべし霊感にせまる

ベルセルクソーニャ嫌いうざい

ベルセルク読者には嫌われがちなソーニャについての考察についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではベルセルク読者からはうざいとか言われたり何かと嫌われがちなソーニャについての考察を

  • ベルセルク読者には嫌われがちなソーニャについての考察|不思議少女
  • ベルセルク読者には嫌われがちなソーニャについての考察|シールケ
  • ベルセルク読者には嫌われがちなソーニャについての考察|霊感

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルセルク読者には嫌われがちなソーニャについての考察|不思議少女

ベルセルクソーニャ嫌いうざい

『ベルセルク、ソーニャについての考察~鷹の巫女の役割とは?~』

光の鷹グリフィス率いる『新生鷹の団』の中である意味異彩を放つ存在である『鷹の巫女』ことソーニャという名の少女。

鋭過ぎる霊感以外は特筆すべき技能は無い彼女ですが、その霊感が物語に深く関わるようになるのでは?と、今回はそんな彼女について考察してみたいと思います。

不思議少女ソーニャ

ソーニャはミュールが属する地方貴族ウォーフレイム家が治めるミッドランドの辺境シェトの住民のようです。

クシャーン帝国の侵攻により陥落したシェトにおいて、ソーニャは両親を失い、更にクシャーンの虜囚となるところでしたが、突如現れた光の鷹グリフィス率いる『新生鷹の団』の強襲に救われました。

その際、グリフィスに神性を見たソーニャは、グリフィスこそ自分の生きる指標であると感じて行動を共にする事にしました。

ソーニャは、おそらく生まれつき霊感が強く、その世界観は法王庁の教えを根本に生きる常人の常識に照らせば、理解不能なものだったと思います。

しかし、利口な彼女はそれを押し隠し、凡庸な少女として生きてきたようにも思います。

その人生は退屈なものだったでしょう。

肉親でさえ理解し難い世界観を持つが故に、理解し合える他者がいないという事は、孤独であり、本心を語れないという淋しさを抱えていたでしょう。

しかし、目の前にグリフィスが現れた瞬間、灰色だった世界は彩られ、彼女は自分の本当の人生が始まったと感じたと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする