スポンサーリンク

【ベルセルク363話考察】ボイドの正体は賢者?|蝕だったのか?

ベルセルク考察
Pocket

【ベルセルク363話考察】ボイドの正体は賢者?|世界を変えた?

【ベルセルク363話考察】ボイドの正体は賢者?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ベルセルク362話までの展開を受け363話以降の考察として、ボイドの正体は賢者なのか?という事についてを、

  • 【ベルセルク363話考察】ボイドの正体は賢者?|ボイドの蝕だったのか?
  • 【ベルセルク363話考察】ボイドの正体は賢者?|ボイドは世界を変えた?
  • 【ベルセルク363話考察】ボイドの正体は賢者?|国を捧げた?

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

【ベルセルク363話考察】ボイドの正体は賢者?|ボイドの蝕だったのか?

 

ボイドの正体は賢者?〜国を捧げ世界を変えた?〜

 

甲塚
甲塚

ベルセルク362話では狂戦士の甲冑に刻まれた髑髏の騎士の過去の記憶が描かれましたが、そこにはボイドと先代のゴッドハンドらしき姿も描かれました。

今回はそこに描かれたボイドの姿からその正体について妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます!

ボイドの蝕だったのか?

髑髏の騎士=ガイゼリックだと考えたら、狂戦士の甲冑に刻まれた記憶はおよそ千年前の過去のものであるはずです。

また先代のゴッドハンドらしき存在の中心にボイドがいると言うことは千年前の時点でボイドは天使長だったと考えられます。

また、過去の記憶は明らかにその時に起こった蝕の記憶だと思うのですが、これがボイドの転生の儀式である蝕だったかどうか?

その可能性は高いと思うのですが、そうなるとボイドはいきなり天使長だったと言う可能性が高い…

この蝕で天使長ボイドが誕生したとして、この蝕は世界にとってかなり大きな影響があったように思えます。

スラン、コンラッド、ユービックが転生する際にも蝕は起こっているのでしょうが、ボイドが誕生したと思われる蝕は出来事の重大さに大きな差があるように思えます。

グリフィスもフェムトに転生した際にはボイドはさておきスラン、コンラッド、ユービットよりは上位の存在であるような雰囲気があり、フェムトはまたグリフィスとして現世に再転生していますが、転生後にはガニシュカ絡みで大幽界嘯という大イベントが起こり、幻造世界が開闢しました。

ボイドとグリフィスはなんだか他のゴッドハンドとは存在の大きさが違うような気がします。

甲塚的に、ボイドとグリフィスは『世界を変えた』と言う共通点があるように感じられます。