雨男はいる!共通点と面白エピソード|都市伝説などではありません!


雨男はいる!共通点と面白エピソード|甲塚の周りに存在する強度の2人のレインマン

雨男いるエピソード共通点

雨男はいる!共通点と面白エピソードについてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では雨男はいるという事を甲塚の実体験も含め、あなたの周囲にいる、もしかして雨男?と思える人も甲塚が紹介するスーパーレインマン2人と共通点があれば雨男を確定しても良いと思えるような雨男の定義に共通点を

  • 雨男はいる!共通点と面白エピソード|甲塚の友人N谷にP田
  • 雨男はいる!共通点と面白エピソード|数々のレインマン伝説
  • 雨男はいる!共通点と面白エピソード|共通点と定義

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雨男はいる!共通点と面白エピソード|甲塚の友人N谷にP田

雨男いるエピソード共通点甲塚の高校時代からの友人には、N谷、P田、木林にモゲに北尾という男たちがいます。

何かことあるたびにこの6人で集まり、バーベキューや飲み会など若かりし頃は合コンなどもして過ごして参りました。

その6人中に極度の雨男が2名確かに存在します。

この事については、私を含めた残り4名も認めており認めていないのは当人たちのみです。

というのも・・・N谷はP田を雨男、P田はN谷を雨男と言い、譲らないのです。

しかし我々4名の結論は2人とも雨男・・・であります。

それでは次項からは彼ら2名の恐ろしいほどの雨男っぷりをご紹介させて頂きたく思います。

雨男はいる!共通点と面白エピソード|数々のレインマン伝説

雨男いるエピソード共通点

レインマン伝説1 N谷編 野球

甲塚はあまり付き合ってはいませんでしたが、甲塚のグループの6名の中で木林とN谷は大の野球好きで木林は甲塚同様生粋の虎党でN谷は中日ドラゴンズファンです。

この2人は高校3年生の頃からよく2人で甲子園に阪神ー中日戦を見に行っていました。

そして21歳の頃の年の瀬に・・・私と北尾に木林が私の家に集まっていた時です。

何気に北尾が木林に、

「木林~今年もN谷と甲子園よく行ってたな~勝敗の程はどうなんでっさ?」

と尋ねました。

「うむ・・4回甲子園には行ったよ・・・」

木林の顔が曇ります。

私は、当時の中日は強かったのでこれは阪神に分が悪い勝敗だったんだなと思いましたが、

「1敗3雨や・・・2回は試合前中止、1回は試合始まり雨でコールド・・・負けた1試合も雨に打たれながらの観戦よ・・・この俺がいったい何をしたと言うのかね?北尾よ!」

「いててて・・・いや待て!ドンストップミー!!落ち着け木林・・・!俺は何もしていないでっさ!それは・・そいつはN谷が雨男なのでは?」

木林は怒りに任せて会心の耳引きと理不尽極まりない八つ当たりを北尾に決めていた所、おそらくは北尾が怒りの矛先を自分からN谷へ向けるために苦し紛れに口にした一言であったとは思いますが、木林がハッという表情で・・・

「確かに・・・思い当たる節はあるなぁ・・・」

木林は何か遠くを見つめるような感じで、その日はそれで終わりました。

しかし、木林とN谷の野球観戦は翌年も翌年も年に5試合は見に行っていた2人ですが、7割~8割は雨で試合が行われても雨の中の観戦という日が続いたのでした。

しかし、木林は北尾の巨人戦の観戦の為に甲子園に行ったときは一切に雨には打たれていません。

N谷=レインマンの疑惑の始まりでした。

レインマン伝説2 N谷編 ゴルフ

甲塚はこの時参加していませんが、N谷は木林とモゲ、そしてその他の高校時代の仲間1人とハーフコースのミニゴルフに行った事がありました。

これは木林から聞いた事を、甲塚が物語風にさせて頂いた物です。

その日は朝から快晴でした。

4人は意気揚々と予定通り貝塚市の水間にあるハーフゴルフのコースへ出かけていきました。

しかしこの日、N谷は昨夜飲み過ぎたのか朝から腹は下りで腹痛を起こしていたらしいのです。

そんな少しのアクシデントはあったものの、ゴルフは楽しく過ぎて行き、ハーフコースなのでもう1周行こうという事になり。2周目の第2ホールに差し掛かったころ、何やら1週目の後半あたりから怪しげに変わりつつあった雲行きが、ついには雨を降らし始めたそうです。

そして、2周目の第5ホールあたりから本降りとなり、彼らが2周目の9ホールを終える頃にはもう全員が全身びしょ濡れであったとの事。

しかし、この雨は夕立で彼らが車でゴルフ場を出る頃には既にやんでいたそうです。

果たして誰をめがけて振ってきた雨なのでしょうか・・・?

この時にこの場にいた木林は、N谷を雨男と確信したそうです。

レインマン伝説3 N谷&P田編 結婚祝いバーベキュー 

これまでも数々の我々の海でのイベントやバーベキュー、はたまたゴルフに野球などをワンピースのドラゴン並みの【力】で水入りさせてくれたN谷。

しかし、彼はそのアメアメの実の能力をこれでもかと発揮したのは何を隠そう彼の結婚祝いのバーベキューを行った日でありました。

その日はこの大阪を離れていた時期に結婚したN谷が新婦を連れて我々の地元へと凱旋し、我々に奥様を紹介してくれる日でした。

私、木林、北尾、モゲ、そして遅れて参加予定のP田に、N谷夫妻。そして木林のお子さんである長女のAちゃんが集まりました。

まずは現地集合であったので私とモゲ、それに北尾に木林親子が集まり現地でバーベキューの準備に取り掛かります。

このころにはもうN谷にP田を交えるイベントごとの日には我々は特に木林は天気には神経質になっており、日取りも天気予報で晴れの日を選び、我々が炭の準備をしたり、テーブルや椅子の設置と準備に取り掛かっている間は、空は快晴、全く持ってバーベキュー日和の天候でした。

そしてバーベキューの名人モゲが意気揚々と炭をおこし始めたころ甲塚の少し寂しくなり初めていた頃の額にポトリ・・・雫が落ちてきました。

そして同じくもうかなり額が寂しくなっている火をおこしておる最中のモゲが、

「あれ?なんや・・・今日はしけってるな~」

と湿気により火がつきにくいのかボヤいています。

そして無言で両手を広げ、顔が若干青ざめている木林・・・。

「まさか・・・きやがったか・・・?」

木林は広げた両手にやや水滴がかかるのを確認して、嫌な予感がしているという顔をしていました。

すると、木林のきやがったか?の言葉に呼応するようにN谷夫妻が車で到着。

「おうっお前らすまんな~用意してもろて~」

怪しい雲行きの空模様とは正反対の満面の笑みで我々に奥さんを紹介してくれながら、久々の再開を喜んでいた我々とN谷夫妻。

そして私や木林が感じた、水滴はそれ以上強くなることは無く、バーベキューが始まっても感じるか感じない程度の小雨で済んでいました。

木林は、私に、「もしかして、N谷の奥さんは強度の晴女か?その力でN谷のレインマンパワーを相殺してこれくらいの雨で済んでいるのかもな?」

と笑いながら呟いていました。

「そうあったらええな~」

私も木林に合わせて笑っていましたが、私も木林もこの時は呑気に肉を食べながら、こんな話をしている場合ではなかったのでした。

そうです!私たちはこの場にもう1人、我々の仲まで、一説によるとN谷以上のスーパーレインマンが馳せ参じる事を忘れていたのです。

宴もたけなわ、N谷の大阪を離れていた頃の話を聞きながら私たちは小雨の中バーベキューを楽しんでいました。

N谷の奥様は、木林の長女のAちゃんの面倒を見てくれています。ほほえましい三十路集団の交友風景でありました。

しかし心なしか風が強くなってきたなと感じると雨もさっきより少し強くなってきて体感的にも【降っている事】がわかるくらいになってきたと思ったとき、ある1台の車が到着しました。

そしてその車から彼が現れたのです。

「おっ・・・おくれてすまん・・・」

彼はしゃべるときに必ずこのように冒頭がどもる癖があります。

そうですP田です。

「おうっP田~久しぶりやな~紹介するわ嫁やぁ」

とN谷がP田に近づき二人が握手・・・つまりシェイクハンドを交わした瞬間。

ビュ~!!!と物凄い暴風と共に雨足が非常に強くなり出したのでした!

「うっ・・・うそやろ・・・」

木林が2人の雨男の接触の瞬間に強くなった雨としかも今日は暴風つきだという事に、恐れすら抱いているような表情を浮かべています。

「あかん!これアカンやつやっ!」

バーベキュー隊長のモゲも網の上の肉や海産物に野菜が雨に打たれ、彼の最高傑作の【ええ感じの炭】が雨に打たれることに耐えれない様子。

雨男界の巨匠と巨匠が接触したのです!

木林が言うように、N谷の奥様が強い晴女だとしても・・・この2人の力が合わさったときその場には雨を降ると言う選択肢しかないのでしょう。

N谷の結婚祝いバーベキューは我々が雨の中、急遽撤退準備にとりかかりその後、屋根のある飲食店で仕切り直しで行う事になりました。

N谷以上の力を持つ雨男P田。

彼にも数々の逸話がありますが、N谷の昔勤務していたS木さんという方も雨男としての検証は済んでいて甲塚の知るところこの3名は雨男で確定と思われます。

雨男はいる!共通点と面白エピソード|共通点と定義

雨男いるエピソード共通点

雨男としての強度に共通点

甲塚の知る3人の雨男、N谷にP田にS木さん。

彼らの強度は

  • N谷・・・洪水確率80%
  • P田・・・洪水確率90%
  • S木さん・・・洪水確率70%

洪水確率とは例えば海へ遊びに行くや、ゴルフへ行くなどの普段とは違う、外での行楽を予定していた時に、彼らに雨が降り注ぐ確率の事です。

甲塚や友人木林の経験では、彼らは幾度となく天気予報の予報を覆し、しかもピンポイントでその地域のみのゲリラ豪雨さえ呼び寄せてしまうほどの力を秘めています。

それでは、あなたの周囲にいる雨男を見極める雨男にある共通点をご紹介させて頂きます。

雨男の共通点

腸が弱い・・・雨男はすぐにお腹を下します。月に何度かの定期的な下痢。学生時代にテストの最中や授業中によくトイレに行っていた人は雨男の可能性大です。無論、N谷、P田、S木さんは揃って下り症候群であります。

すぐに喉が渇く・・・彼ら雨男は、年柄年中、水分を補給したがります。いつも喉が渇いていて、何かを飲んでいなくれはいられないようです。甲塚の周囲の3人も同じ共通点があります。

雨男の定義

次に雨男の定義ですが、雨男と断定する場合は、上記2つの条件を満たしたうえで、彼らはどんなに自分が行くところ行くところ雨が降ろうが嵐になろうが自分を雨男とは認めません。

甲塚の周囲の人間を例に挙げれば、N谷はP田を雨男と言い、P田はN谷を雨男と思っていますし、S木さんはN谷を雨男と思っていますので自覚がないのです。

そして、雨男とおぼしき彼らに一緒に動いた場合に、ピンポイントのゲリラ豪雨に複数回見舞われて上記の条件を満たしていればそれはもう雨男と断定しても良いかと思います。

いかがでしょうか?あなたの周囲には雨男の容疑者はいらっしゃいましたでしょうか?

ただ、雨男の彼らの特徴の最後の1つに、彼らと遊んだり飲み会をしたりすると、とてつもなく面白いし盛り上がると言う特徴もあるので、周囲は雨が降ろうが嵐が来ようがそれでもかまわないから誘ってしまうという大変魅力的な人間であることを最後に付け加えさせて頂きます。

雨男についてのご紹介は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の甲塚誓ノ介面白い体験談シリーズ】

甲塚誓ノ介の体験談シリーズ1|直してくれ・・・

面白い体験談|爆笑エピソード【夏のおでん流し】

女性同士のマジ喧嘩を目撃|修羅場に肝を冷やしました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする