スポンサーリンク

カイドウや四皇の攻撃力について|ONEPIECE1001話以降考察

ワンピース考察
Pocket

カイドウや四皇の攻撃力について|流桜には流桜

 

流桜には流桜



先ほど流桜は流桜でしか防げないと書きましたが、それはロジャーと白ひげの戦いでよくわかるような気がします。

おでん様は『触れてねぇ』と驚いていましたが、二人は何も見えない空間で覇気と覇気をぶつけ合っているわけですね。

それから、やはり流桜は流桜でないと防げず、また覇気の強さが互角だとああなるんだとわかりますね。

どちらかが上回れば放出した覇気を相手に押し込む…つまり流す事ができるんでしょう。

そう考えると頂上戦争で三大将が見せた全てを遮る防御壁も理解できますし、普段傷一つつかないリンリンがマザーカルメルの写真が割れたショックで膝から血が出たのも理解できる…

流桜を身につけてしまえば、おそらく並みの覇気使いは全く相手にならなくなるでしょうね。

ルフィがカイドウを倒すには、やはり一瞬でもカイドウの覇気を凌駕しなければならいでしょう!

そう考えると先程は書いたように、ルフィは戦いながら更なる進化が必要で、やはりギア5や能力の覚醒も必要になってくるでしょう。

また、勝利のためにはカイドウの心をへし折ってやらなければならないとも感じます。

ルフィはどうやってカイドウの心をへし折るのか?

カタクリ戦以上の粘り強さが求められると思います。

何度倒しても起き上がってくるやつが一番怖いですからね!

最後までお読み頂き、誠に有難うございました!

【その他のワンピース関連記事】

レッドホークやレッドロックなどの炎の技の強さと意味|ワンピース世界の炎の考察

サボと軍隊長達とくまのその後|ONEPIECEマリージョア編考察

イム様と五老星と世界の夜明け|マリージョア編考察

おでんやロジャーの死とイム様の能力|ONEPIECEワノ国編以降考察

ONEPIECE1001話確定速報!ゾロが狐火流を使う!|鬼ヶ島怪獣大決戦!?

ビッグ・マムがロビンを誘拐して逃走する?|ONEPIECE1001話以降考察

ロジャーやおでんがラフテル到達が早すぎた意味|ONE PIECE1001話以降考察

ワンピース1000話ネタバレ!ルフィの業火拳銃炸裂!|カイドウの顔が歪む!!

 

タイトルとURLをコピーしました