スポンサーリンク

進撃の巨人134話考察|有機生物の起源の正体と始祖ユミルの関係

進撃の巨人
Pocket

進撃の巨人134話考察|運命の悪戯だったのか?

進撃の巨人134話考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。
いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。
この記事では、進撃の巨人133話までの内容から134話以降の考察として、有機生物の起源の正体と始祖ユミルの関係についてを、

  • 進撃の巨人134話考察|運命の悪戯?
  • 進撃の巨人134話考察|道は無理矢理繋げられた?
  • 進撃の巨人134話考察|道を閉ざす方法は?

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

進撃の巨人134話考察|運命の悪戯?

 

有機生物の起源の正体と始祖ユミルの関係は?〜運命の悪戯だったのか?〜

 

甲塚
甲塚

進撃の巨人133話にてエレンと並んで登場した始祖ユミルですが、気になるのは始祖ユミルに巨人の力を与えたと思われる有機生物の起源の正体と始祖ユミルとの関係性です。

今回はそれについて妄想たっぷりに色々と書かせていたかます!

運命の悪戯?

始祖ユミルは初代フリッツ王の奴隷の一人で、ある日フリッツ王の豚が逃され、その犯人にされてしまい、狩りの対象にされてしまった。
生命からがら不思議な形の巨大な木の根本にある空洞に逃げ込んだが、その中は地底湖のようになっており…


始祖ユミルはその中に存在していた有機生物の起源と思しき物体と接触して巨人ユミル力を得た…

これは運命の悪戯だったのでしょうか?

有機生物の起源はまるで未だここに始祖ユミルがやってくるのを待っていたかのように触手のような神経のようなものをユミルに伸ばしているように見えます。

始祖ユミルがここに来たのは偶然かも知れませんが、有機生物の起源が何者かが来るのを待っていた可能性は高いように見えますな…

始祖ユミルが入った巨大な木は明らかに他の木々とは違う形状で高さもかなり高いように見えます。

おそらく地下にいた有機生物の起源(以下、起源と呼びます。)の影響を受けていたと思うのですが、太古の昔からずっとその状態でいたのでしょうね…

起源は、もしかしたら生命を繁栄させる働きを持った神のような超越的な存在と生命を繋ぐ『道』だったりするのかも?

スポンサーリンク
進撃の巨人
スポンサーリンク
kozuka.senosukeをフォローする
スポンサーリンク
【ワンピース考察】甲塚誓ノ介のいい芝居してますね!