スポンサーリンク

恐怖新聞5話ネタバレあらすじと感想|蜷川が購読者になった理由

TV番組感想
Pocket

恐怖新聞5話ネタバレあらすじと感想|詩弦が事故に!!

恐怖新聞5話ネタバレあらすじと感想についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、9月26日に放送された恐怖新聞の5話の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • 恐怖新聞5話ネタバレあらすじと感想|第5話のあらすじ
  • 恐怖新聞5話ネタバレあらすじと感想|内容への感想
  • 恐怖新聞5話ネタバレあらすじと感想|芝居への感想

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

恐怖新聞5話ネタバレあらすじと感想|第5話のあらすじ

 

甲塚
甲塚

オカルト界レジェンドのお一人である漫画家つのだじろう先生による恐怖漫画の超伝説的作品『恐怖新聞』を原作としてシリーズ構成に人気作家・乙一先生を迎えたドラマ『恐怖新聞』の第5話が放送されました!

第4話では蜷川が購読者になった理由と経緯が明かされ、また篠崎刑事の本性がなんとなくほのめかされ、また、詩弦の親友である桃香が狂いはじめ、詩弦の自転車に細工して詩弦は事故に遭ってしまった…

今回は第5話のあらすじと感想を妄想をまじえて書かせて頂きます!

 

第5話のあらすじ

江戸時代の京都…
小野田母娘の前世らしき母娘が篠崎の前世らしき商人に奉公させてくれと頼んでいる。
娘のシズには予言の力があると言うが、商人は相手にしなかった…

しかし、商人は外出先でシズの予言が的中したのを目撃し、シズ母娘を家に再度呼び寄せ、シズは商人のところで奉公する事になる…

シズは妊婦なのだが、夫を殺され、それで精神を病んだ代わりに予言の力を手に入れたのだ…

商人はシズの予言により次々に商売に成功する。

また、シズはお腹にいる子供からお告げを受けて予言しているようである…

商人は商売がうまくいき、笑いが止まらずシズ母娘を優遇するのだった…

商人の元に勇介の前世らしき侍がやってきて、商人に商売がうまくいっているようだが、俺は忘れないからなと意味深な事を言う。

商人はシズの母ヤエに予言の秘密を尋ねるが、ヤエはアッサリとお腹の子からのお告げだといい、クウゲンという僧侶が絡んでいるという。

一人で出歩いていたシズはチンピラに絡まれるが、商人のところに来た侍に救われる。

ヤエは蔵之介の前世らしきクウゲンという僧侶に祈祷を頼んでいた。

シズは夫が殺害された時の悪夢にうなされ、辛くてヤエに殺してくれと懇願するが、そのうちに必ずいいことがあるからと励まされる。

クウゲンはヤエにシズの予言は人を救っていると言うが、ヤエはシズが心配でたまらないという。
クウゲンはシズのお腹には牛の頭をした怪物・件であると考えている。
件は生まれてしまうとすぐに死んでしまうために、シズのお腹に止まり続けているという。クウゲンはシズのお腹の子は仏が遣わした救世主だという。
ヤエはシズは商人・越後屋にこき使われ、また仏が遣わした存在を金儲けに使っているとクウゲンに言う。

ヤエはまた、先の侍にもシズの状況を話し、侍も越後屋には妹絡みの恨みがあると語る。

ヤエはクウゲンや侍を使ってシズの給金をあげようとしていたのだ!

越後屋はなぜか身体が弱ってきており、またシズの予言で侍に斬られると出る…
そこに侍が尋ねてきてシズの給金を三倍にしろという。
侍はシズとも合うが、シズは侍が人を斬るという。また、シズの子まで斬るという事を口走る。

越後屋は殺される前に侍を殺そうと殺し屋を雇う。
侍は殺し屋に襲われるが、これを返り討ちにしてシズの予言通りになる。

ヤエとクウゲンはまた祈祷していたが、そこに侍がやってきてシズの力について尋ねるが、クウゲンはそれは件のお告げだと教える。
件のお告げは受け取る者は一度お告げを受け取る度に100日寿命が奪われると教える。
またヤエは越後屋にそれを伝えるのを忘れたという。
クウゲン、ヤエ、侍は越後屋にそれを教えるために越後屋に行くが、越後屋は報復にきたと勘違いし争いとなり、侍は越後屋を斬ってしまう!
クウゲンはシズは危険だと犯罪し、鬼となりシズを亡き者にしようとするがヤエはそれを止める。しかしシズは夫はヤエに殺されたのだと言い出す!
ヤエはシズのお腹の子を件にしたいと言い出し、それを断った夫を殺し、シズに何かを飲ませ儀式を行い、お腹の子を件にしてしまったのだ!
全てを告白したシズを、ヤエは背中から刺す!
シズは恨み言を言いながら死亡するが、ヤエは貧乏が悪いといったり、許してくれと泣くが、それを慰めようとしたクウゲンまでをヤエを殺す!
ヤエは越後屋にも故意に寿命の件を教えていなかったのだ。
ヤエは金儲けに狂った魔性の女だった。
シズが死んだ後…市中にはお告げを書いた紙が見つかるようになり、それはやはり寿命を吸いとった…
生まれてこれなかった件が寿命を集めていたのだ、いつか生まれてくる為に…

そして現代…
目覚めると鬼形に介抱されていた詩弦は鬼形に前世を見せられていた…
詩弦の前世はシズではなくヤエだった…
詩弦はヤエが犯した罪を今世で償わねばならない…
詩弦の苦しみはまだ続く…!