スポンサーリンク

【キングダム646話以降考察】郭開と李朴と司馬尚|秦からの賄賂の事はどうなんだ?

キングダム
Pocket

【キングダム646話以降考察】郭開と李朴と司馬尚|趙の今後…一時は盛り返す!?

 

【キングダム646話以降考察】郭開と李朴と司馬尚についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではキングダム645話ではカス王幽繆王が誕生してしまうも、処刑2秒前だった李朴が何とか一命をとりとめた事から、今後の趙国の中心人物、郭開、李朴、司馬尚がどのように物語を動かしていくかについての考察を、
  • 【キングダム646話以降考察】郭開と李朴と司馬尚|扈輒(こちょう)将軍が破れるまでは李朴再度の牢獄暮らしか?
  • 【キングダム646話以降考察】郭開と李朴と司馬尚|再び大将軍へ返り咲き桓騎を破る
  • 【キングダム646話以降考察】郭開と李朴と司馬尚|郭開が賄賂で動くのは李朴が司馬尚と王翦を苦しめるタイミングのはず?

以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
スポンサーリンク

【キングダム646話以降考察】郭開と李朴と司馬尚|扈輒(こちょう)将軍が破れるまでは李朴再度の牢獄暮らしか?

 
キングダム645話では、趙国を滅亡に導く愚王、遷こと幽繆王が即位する事が、前王の遺言にて確定的になりました。

この遺言も怪しいですが(このことは後にまた別記事にて考察予定)郭開が江姫などを後ろ盾に盤石の外堀を埋めての登場の為覆る事も無いでしょう。

ここで注目はやっと牢の外へ出れ、名君嘉太子の要望を受けすぐさま眼前まで迫る秦軍対策の話し合いに参加していた李朴の事。

この李朴についてですが、きっと幽繆王自身は李朴に対して何も思う所はないでしょうが、幽繆王の年を見ればまだ10代の前半くらい?人間を犬のように扱いその人間に座しているあたり相当脳がイカれていると思いますが、幽繆王は自分を好き放題させてくれるであろう郭開の言いなりになりそうな感じですので、実験を握る生意気にも宰相になっている郭開が王命として李朴を再度牢にぶち込みそうな気がします。

せめてもの恩情で処刑の日が延期?(今日は前王も死に新王が誕生した日であるからとかの理由づけ)されるのが関の山かと思われます。

しかし郭開は前戦を今現在任せている扈輒(こちょう)将軍を戻し指揮を執らせ秦軍に当たらせるのでしょうが、正直扈輒(こちょう)将軍で現在趙王都に迫ってきている王翦軍の顔ぶれを見れば完全なオーバーキル。ここで扈輒(こちょう)将軍が破れ始めて幽繆王の(郭開の?)命で牢から解き放たれ再度大将軍への復帰が認められ指揮を任されるのかと甲塚は考えます。