スポンサーリンク

鬼滅の刃204話以降の冨岡義勇のその後|軍人か?産屋敷家の重役か?

鬼滅の刃
Pocket

鬼滅の刃204話以降の冨岡義勇のその後|生存した2人の柱の1人

 

鬼滅の刃204話以降の冨岡義勇のその後についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では鬼滅の刃204話以降の水柱・冨岡義勇のその後についての考察を、
  • 鬼滅の刃204話以降の冨岡義勇のその後|水柱・冨岡義勇
  • 鬼滅の刃204話以降の冨岡義勇のその後|髪を切った意味は?
  • 鬼滅の刃204話以降の冨岡義勇のその後|軍人?会社の重役?
以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
 
スポンサーリンク

鬼滅の刃204話以降の冨岡義勇のその後|水柱・冨岡義勇

 

冨岡義勇のその後は?軍人か?産屋敷家の重役か?

 
204話にて、鬼殺隊はその役目を終えて解散されましたが、気になるのは隊員達のその後です。
 
今回は水柱・冨岡義勇にスポットをあて、彼のその後について妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます!
 

水柱・冨岡義勇

冨岡さんは、最終選別で鬼を倒しておらず、兄弟分の錆兎を死なせてしまった事を気に病み、柱と呼ばれるようになってもその資格はないと思い込んでいました。
 
冨岡さんは馬鹿がつくくらい生真面目な性格だと言えるでしょう。
 
それに加えて口下手…
 
コミュニケーション能力は低いと言わざるを得ない。
 
生真面目で口下手…
 
非常に誤解されやすく、正直扱い辛い性格です(笑)
 
まあ、ああなってしまったくらい、最終選別での自分の不甲斐なさが許せなかったんでしょうが…
 
そんな冨岡さんが炭治郎と出会えた事は非常な幸運だった。
 
正直、もし炭治郎がいなければ冨岡さんはずっと孤独なままで、無惨との戦いで生き残る事もなかったと思える。
 
自分から他人との間に線を引いて隔絶してしまうという行為は、自分で自分の成長を放棄してしまう事と同じだと思います。
 
どんなに才能があっても、どんなに頑張っても、一人の人間にできる事には限度がありますよね?
 
孤独は人を強くするとも言われますが、甲塚は他人と接する方がもっと強くなれると思います。