スポンサーリンク

【鬼滅の刃186話感想と考察】炭治郎時空を超える?縁壱と炭吉とヒノカミ神楽!|先祖?生まれ変わり?

鬼滅の刃
Pocket

【鬼滅の刃186話感想と考察】炭治郎時空を超える?縁壱と炭吉とヒノカミ神楽!|痣の無い理由は?

 

【鬼滅の刃186話感想と考察】炭治郎時空を超える?縁壱と炭吉とヒノカミ神楽! についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃186話ではどうやら時空を超えたような事になっている痣の無い炭治郎についての考察を、

  • 【鬼滅の刃186話感想と考察】炭治郎時空を超える?縁壱と炭吉とヒノカミ神楽!|炭治郎は炭吉と重なる?
  • 【鬼滅の刃186話感想と考察】炭治郎時空を超える?縁壱と炭吉とヒノカミ神楽!|炭十郎が病弱だったわけ
  • 【鬼滅の刃186話感想と考察】炭治郎時空を超える?縁壱と炭吉とヒノカミ神楽!|ヒノカミ神楽と禰豆子

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃186話感想と考察】炭治郎時空を超える?縁壱と炭吉とヒノカミ神楽!|炭治郎は炭吉と重なる?

 

炭治郎時空を超える?縁壱と炭吉とヒノカミ神楽!

鬼滅の刃第186話…
 
死亡したと思われる炭治郎が意識を取り戻すと、そこには懐かし風景が広がり、炭治郎の顔には痣がなく、匂いを感じない…
 
どうやら炭治郎の意識は時空を超えて、あの継国縁壱と邂逅する展開になるようです…
 

炭治郎は炭吉と重なる?

意識を取り戻した炭治郎の傍らには炭治郎を父と呼ぶ幼子がいるようです。
 
また、あの継国縁壱が炭治郎のもとへ来訪します。
 
状況から見て、炭治郎の意識は縁壱と同時代を生きた竈門家の先祖・炭吉と重なっているという状態にあるように思えます。
 
竈門家は代々ヒノカミ神楽を継承しましたが、炭治郎の父・竈門炭十郎によれば竈門家はヒノカミ神楽の伝承を途切れさせないと誰かと約束しているようです。
 
その誰かとは、おそらく継国縁壱…
 
また、炭十郎の口ぶりからは、炭十郎自身が縁壱と約束したかのような感じもします。
 
もしかしたら、竈門家のヒノカミ神楽継承者は代々縁壱と炭吉の邂逅を追体験するという体験を経て、それにより13の型を体得するのでは?
 
つまり、肉体的な死をきっかけにして通過儀礼のように先祖・炭吉と縁壱の邂逅を追体験し、13の型を体得、それにより現世に帰ってくる事になる…?