進撃の巨人の巨人の正体に迫る|大地の悪魔とは?


進撃の巨人の巨人の正体に迫る|謎が多すぎる作品の最大の謎

進撃の巨人巨人の正体

進撃の巨人の巨人の正体に迫るについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、進撃の巨人の巨人の正体とは何ぞや?という巨人の正体についてを

  • 進撃の巨人の巨人の正体に迫る|人類を捕食対象とする人型の巨大生物
  • 進撃の巨人の巨人の正体に迫る|誕生
  • 進撃の巨人の巨人の正体に迫る|『大地の悪魔』とは?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

進撃の巨人の巨人の正体に迫る|人類を捕食対象とする人型の巨大生物

進撃の巨人巨人の正体

進撃の巨人の巨人についての考察~何のために生まれたのか?~

世界的ヒット中のダークファンタジーコミック『進撃の巨人』。

その物語の核となるのが、人類を捕食対象とする恐るべき『巨人』の存在。

今回は、その『巨人』の存在について考察してみたいと思います。

巨人とは?

人類を捕食対象とする人型の巨大生物。

一般的には3~15メートルほどの大きさで、顔立ちや体格は様々だが、基本的に人間の男性に似た身体を持つ。

四肢を失っても数分で再生する恐るべき生命力を持つが、うなじ近辺に深手を負うと絶命し、気化して消滅する。

圧倒的な怪力を持つが、持久力は低く、疲労すると戦闘能力が著しく低下する。

体温が異常に高く、その身体からは蒸気を放つ。
また、太陽光をエネルギーとしているのか、夜間はほぼ活動を停止する。

彼らは人間以外の生物には一切興味を示さないが、視界に入った人間を捕食する。

一般的に知性がなく、本能で行動していると考えられているが、異常な行動を示す『奇行種』や、主人公エレンに代表される『9つの巨人』のような人間が自らの意思で変身し、その知性を保つ者も存在する。

彼らは人間を捕食するが、『食事』を必要としないようで、およそ100年間人間を捕食せずとも絶滅する事はなかった。

これにより、長く捕食行動は殺戮目的であると認識されていたが、巨人化能力者が変身する知性を持つ『9つの巨人』の存在が知られ、その研究の結果知性のない『無垢の巨人』と呼ばれる彼らも元々人間が変身した姿であり、巨人から人間の姿に戻る為に捕食を繰り返している事が判明した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする