【ワンピース963話内容と考察】河松は魚人!ミンク族2人とともに迫害を!|世界の縮図

Pocket

【ワンピース963話内容と考察】河松は魚人!ミンク族2人とともに迫害を!|面妖な3人は酷い目に

【ワンピース963話内容と考察】河松は魚人!ミンク族2人とともに迫害を!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース963話で河松が魚人である事が判明し、ミンク族の2人とともに迫害を受けている事についてを、

  • 【ワンピース963話内容と考察】河松は魚人!ミンク族2人とともに迫害を!|魚人河松
  • 【ワンピース963話内容と考察】河松は魚人!ミンク族2人とともに迫害を!|ミンク族二人
  • 【ワンピース963話内容と考察】河松は魚人!ミンク族2人とともに迫害を!|迫害…ワノ国は世界の縮図?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンピース963話内容と考察】河松は魚人!ミンク族2人とともに迫害を!|魚人河松

河松は魚人だった!ミンク族二人とともに迫害を受ける!〜やはりワノ国は世界の縮図か?〜

ONE PIECE963話では、河童河松の正体が判明しました!
 
甲塚、かなり以前に記事に書いていたんですが、やはりその正体は魚人でしたね。
 
 
また、962話ラストにてミンク族の二人、ネコマムシとイヌアラシを発見したのが河松でしたが、三人揃って酷い目に遭わされてしまうようです…
 

魚人河松

河松は河童だと自称していました。
 
幼い日和にも、河童である事を誇りに思っていると語っていたようですが、その正体は魚人。
 
河松は幼い頃に母親とともにワノ国にいたようですが、旅の途中で難破したりしてワノ国に流れついたのか?
 
それともワノ国にも昔から少数ながら魚人が存在していて、それらが河童と呼ばれていたのかも知れない。
 
しかし、幼い河松は魚人と名乗ると差別され迫害を受けるために母親から河童を名乗るように言われていたようですが、母親はすでに亡くなっているような感じですな…
 
河松は露出が少ない出で立ちですが、河童から連想するに、やはりウミガメの魚人なんでしょうか?
 
背中には甲羅があったりするんでしょうかね?
 
現代の河松の技は滅南無川など水に関係するような技ですし、人間の十倍の身体能力と流桜を身につけた魚人ならば、そりゃあ最強の力士であっても不思議ない感があります。
 
20年前に日和を救い出した時にも泳ぎが達者であった事も魚人なら納得!
 
しかし、子供の河松は…めっちゃかわいいですな(笑)
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする