マッシュル16話の感想と考察|3つの寮とユニコーンと七魔牙!

Pocket

マッシュル16話の感想と考察|今後の展開へ向け中身のある1話

マッシュル16話の感想と考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではジャンプ最新25号に掲載されていたマッシュルの内容に感想と考察を、
 
  • マッシュル16話の感想と考察|3つの寮の違い
  • マッシュル16話の感想と考察|骨コーンによる選別
  • マッシュル16話の感想と考察|ランスの危惧
 
以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
 
スポンサーリンク

マッシュル16話の感想と考察|3つの寮の違い

 

マッシュル16話の感想と考察〜3つの寮とユニコーンと七魔牙!〜

 
マッシュル第16話はなかなかの情報量で中身のあるエピソードになっていますな!
 
3つの寮の違い、それを選別するユニコーン、そして早くも登場する七魔牙(マギア・ルプス)…
 
今回は16話の感想と考察を妄想をまじえ、書かせて頂きます!
 

3つの寮の違い

マッシュ等が在籍するイーストン魔法学校には3つの寮が存在するという事は明かされていましたが、16話ではその3つの寮それぞれの違いが説明されました。
 
アドラはドイツ語で鷲を意味し、鷲の紋章で表現され、そのイメージは
 
『勇気と信念』
 
オルカはラテン語でシャチを意味し、シャチの紋章で表現され、そのイメージは
 
『知性と勤勉』
 
レアンは中国語で狼を意味し、狼の紋章で表現され、そのイメージは
 
『才能と自尊心』
 
3つの寮は互いにライバル関係にあり、己の主義主張を体現するが為、この学校で切磋琢磨しているらしいです。
 
甲塚的に、鷲とシャチと狼ですから、それぞれ空と海と大地を現し、またあくまで雰囲気ですがアドラは自由を愛し、オルカは調和を尊び、レアンは支配を目論むとか、そんな特徴を持つ者が集まるんじゃないかとも思います。