【鬼滅の刃174話考察】継国縁壱と日の呼吸の強さ|黒死牟が憧れ恐怖した存在

Pocket

【鬼滅の刃174話考察】継国縁壱と日の呼吸の強さ|400年前の回想から

【鬼滅の刃174話考察】継国縁壱と日の呼吸の強さについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、鬼滅の刃174話で黒死牟の回想シーンで登場した、人間であったころの双子の弟、継国縁壱が使っていたと思われる日の呼吸とその強さについてを、

  • 【鬼滅の刃174話考察】継国縁壱と日の呼吸の強さ|継国縁壱について
  • 【鬼滅の刃174話考察】継国縁壱と日の呼吸の強さ|この世の理の外の存在
  • 【鬼滅の刃174話考察】継国縁壱と日の呼吸の強さ|日の呼吸、月の呼吸

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【鬼滅の刃174話考察】継国縁壱と日の呼吸の強さ|継国縁壱について

 

継国縁壱と日の呼吸、その強さについての考察~光と影、黒死牟が憧れ恐怖した鬼狩りの到達点?~

鬼滅の刃第174話、玄弥の活躍により、400年ぶりに死にたいする恐怖を感じる黒死牟ですが、最後の走馬灯なのでしょうか、黒死牟はうっすらと涙を浮かべながら、400年前に己に死の恐怖を与えた存在を懐かしく思い出すのでした。
 
今回は、黒死牟に死の恐怖を与えた双子の弟、継国縁壱と日の呼吸、さらに彼の強さについて妄想たっぷりに考察してみます!
 

継国縁壱について

継国縁壱は黒死牟、つまり継国厳勝の双子の弟であり、悲鳴嶼が言及した痣者の例外、25歳を超えて生き続けた者、更に鬼舞辻、黒死牟を相手に恐怖を与える側にあったという異次元の強さの持ち主…
 
若い頃の肖像を見るに、彼が鬼舞辻のいう耳飾りの剣士であり、日の呼吸の剣士であると思われます。
 
しかし、黒死牟の400年前の回想に現れた縁壱の耳にも、若い頃の縁壱の耳にも耳飾りが見えません。
 
しかし、痣の形や涼しげな美男というところから見ても間違いは無さそうです。
 
やはり耳飾りは竈門家に授けられ、代々受け継がれていったんでしょうね。
 
縁壱は鬼と化した兄に憐憫の情を厚く感じていたようで、彼が齢80を超えて生き続けたのは、兄に引導を渡す為でもあったのかも知れない。
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする