スポンサーリンク

【鬼滅の刃最終205話】炭彦と桃寿郎の身体能力が凄すぎる!|子孫にして生まれ変わり?

鬼滅の刃
Pocket

【鬼滅の刃最終205話】炭彦と桃寿郎の身体能力が凄すぎる!|人間離れした能力!!

 

【鬼滅の刃最終205話】炭彦と桃寿郎の身体能力が凄すぎる!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では鬼滅の刃最終205話で登場した炭治郎とカナヲの子孫である炭彦と煉獄家の子孫らしき桃寿郎の身体能力が人間離れしている事についての考察を、
  • 【鬼滅の刃最終205話】炭彦と桃寿郎の身体能力が凄すぎる!|炭彦は怪物か!?
  • 【鬼滅の刃最終205話】炭彦と桃寿郎の身体能力が凄すぎる!|桃寿郎
  • 【鬼滅の刃最終205話】炭彦と桃寿郎の身体能力が凄すぎる!|子孫にして生まれ変わり?
以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
 
スポンサーリンク

【鬼滅の刃最終205話】炭彦と桃寿郎の身体能力が凄すぎる!|炭彦は怪物か!?

 

炭彦と桃寿郎の身体能力が凄すぎる!〜子孫にして生まれ変わり?〜

 
鬼滅の刃最終205話に登場する竈門炭彦と煉獄桃寿郎の二人は劇中にて、高校生とは思えないというか、人間とは思えない恐るべき身体能力を披露します!
 
今回はそれについて妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます!
 

炭彦は怪物か!?

竈門炭彦は朝寝坊し、学校に遅刻しそうな状況の中、異常な登校シーンを見せます。
 
ビルからビルへ飛び移ったり、少なくとも5階建て以上はあるビルの階段を段飛ばしでは階飛ばしで移動し、自分の背丈ほどあるフェンスなんかも軽々と飛び越えてしまいます。
 
もはや超人ですな!
 
おそらく、恐ろしいくらいの脚の速さと垂直跳びなら軽々1メートルを超えるくらいの能力は持っているでしょう。
 
また、炭彦が見せたパフォーマンスはスピードとバネだけの問題ではなく、精度も要求されます。
 
一歩間違えば死んでしまいますからね!
 
要するに、炭彦はスピードとバネをちゃんと制御して、的確に体を動かせるわけです。
 
炭治郎は恐ろしい怪物を子孫としてこの世に生み出したのかもしれない(笑)