レビル将軍はニュータイプ|地球連邦軍の総司令官


レビル将軍はニュータイプ|フルネームや年齢など人物像に迫る

レビル将軍ニュータイプ

レビル将軍はニュータイプについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では機動戦士ガンダムの一年戦争時の地球連邦軍の総司令官レビル将軍がニュータイプか否か?やレビル将軍の人物像やフルネームなどについてを

  • レビル将軍はニュータイプ|ユダヤ系人種
  • レビル将軍はニュータイプ|スペースノイドの理解者?
  • レビル将軍はニュータイプ|天才か傑物

以上の項目に沿ってご紹介させて頂います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レビル将軍はニュータイプ|ユダヤ系人種

レビル将軍ニュータイプ

ガンダムのレビル将軍とはいかなる人物だったのか?についての考察

『機動戦士ガンダム』の作中で、『一年戦争』において地球連邦軍の総司令官だったレビル将軍。

『ガンダムUC』の時代まで英雄視されていた彼は、一体いかなる人物だったのか?

この記事ではレビル将軍の人物像と考察を書かせて頂きます。

レビル将軍とは?

フルネームは『ヨハン・イブラヒム・レビル』。

名前からしてユダヤ系人種であると思われます。

幼少から優秀だったようで、学生時代の成績は常に主席であったという設定があります。

白髪に白髭という容姿から、かなりの高齢であった事が伺えます。

彼は、ジオン共和国建国当時には地球連邦の宇宙軍総司令であった為、ジオン共和国からジオン公国へと至る全ての過程をつぶさに見てきた事になります。

一年戦争の初戦であるルウム戦役では、連邦軍艦隊の旗艦アナンケから采配を振るいました。

しかし、圧倒的兵力差がありながらジオン公国の新兵器『モビルスーツ』の力の前にまさかの惨敗。

彼自身、ジオンの『黒い三連星』によって捉えられ、虜囚の身となりました。

しかし、ルウム戦役に大勝したジオンに圧倒的有利に運ぶだろうと思われた『南極条約』の調印前に救出され、有名な『ジオン公国兵無し』の演説をうった事により、『南極条約』はさほどジオン有利とはならなかった。

その後、戦場におけるモビルスーツの威力を身をもって痛感した彼は、『V作戦』を立案、実行した。

これによって生み出されたのがガンダムを始めとする連邦製モビルスーツ。

しかし、ジオンは連戦連勝を続け、地球の各地域を制圧し、連邦内でもジオンに組するものが多く現れた。

しかし、彼は地球連邦軍最高司令官として反転攻勢に打って出、戦場は再び宇宙へと移る。

彼の采配の元、連邦軍はジオン本国へつながるジオン最大の防衛拠点ソロモンすら陥落させ、最終防衛拠点ア・バオア・クーでの最終決戦を前に、ジオン公国公王デギン・ソド・ザビより秘密裏に和平の打診があり、それに応じた彼だったが、会見直前にそれを察知したジオン公国総帥ギレン・ザビによるソーラレイの放つ光に飲まれ、彼はデギン公王もろとも宇宙に散華した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする