名言も多いギレンザビの才能や思想の考察|ガンダムにおけるラスボス的存在?


名言も多いギレンザビの才能や思想の考察|天才の頭脳と性格を紐解く

名言ギレンザビ名言も多いギレンザビの才能や思想の考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では機動戦士ガンダムにおけるラスボス的存在で数々の名言も残しガンダムファンの心にもかなり強いインパクトを残したギレンザビの才能や思想についての考察を

  • 名言も多いギレンザビの才能や思想の考察|一年戦争開戦を強行
  • 名言も多いギレンザビの才能や思想の考察|IQ240の天才
  • 名言も多いギレンザビの才能や思想の考察|連邦内にも影響

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

名言も多いギレンザビの才能や思想の考察|一年戦争開戦を強行

名言ギレンザビ

ガンダムのギレン・ザビについての考察

ギレン・ザビ。

『機動戦士ガンダム』におけるラスボス的存在。

天才的頭脳とカリスマ性の持つ大政治家であり、、冷酷非情な策略家。

後の世界にも影響を与え続けた彼の思想や理想とは一体何だったのか?

今回はそれについて考察させて頂きます。

ギレン・ザビとは?

ジオン共和国建国前の十代から父デギン・ソド・ザビについて政治活動を始め、すぐに頭角を顕した天才。

ジオン共和国初代首相となったジオン・ズム・ダイクンと、父デギンを心底尊敬する若者であったと言います。

しかし、ダイクンの死後は極端な思想を持つようになり、地球連邦と対等な立場を獲得するというダイクンの思想から逸脱し、地球連邦より優位に立ち、支配する事によってスペースノイドの地位向上を目論むようになった。

ジオン共和国からジオン公国へとシフトすると、半ば政務から引退する形になった父の代わりに『総帥』として公国の政権、軍権を掌握し、非戦派である父を無理矢理押さえ込んで連邦に戦線布告、人類史上最悪の『一年戦争』開戦を強行した。

人型機動兵器『MS(モビルスーツ)』の威力により、序盤はジオン側が圧倒的な勝利を重ねた。

スペースコロニーをそのまま質量兵器として地球に落とす『ブリティッシュ作戦』の一応の成功により連邦はジオンの軍門に降るという風潮にもなったが、ジオンの虜囚となるも救出された連邦のレビル将軍の『ジオンに兵無し』演説により連邦は息を吹き返し、反転攻勢に打って出、戦争は膠着状態となる。

国力では圧倒的に劣勢にあるジオンの短期決戦の計画は崩れ、ジオンは宇宙へと押し返される。

その後、ザビ家内での不和がキッカケとなり、ギレンは暗殺され、ジオンはア・バオア・クーの敗戦の後に連邦に無条件降伏をする事になるが、ギレン・ザビの思想はその後も長く地球連邦への反抗勢力に影響を与え続ける事になった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする