ベルセルクの髑髏の騎士正体は?|覇王ガイゼリック?


ベルセルクの髑髏の騎士正体は?|天使長ボイドとの浅からぬ因縁

ベルセルク髑髏の騎士正体

ベルセルクの髑髏の騎士正体は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ベルセルクの最重要人物の1人の髑髏の騎士の正体についてを

  • ベルセルクの髑髏の騎士正体は?|空を駆ける白馬に跨る騎士
  • ベルセルクの髑髏の騎士正体は?|正体は覇王ガイゼリック?
  • ベルセルクの髑髏の騎士正体は?|蝕を生き抜いた?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ベルセルクの髑髏の騎士正体は?|空を駆ける白馬に跨る騎士

ベルセルク髑髏の騎士正体

ベルセルク、髑髏の騎士の正体についての考察

ベルセルクの最重要登場人物の1人である『髑髏の騎士』。

主人公ガッツを導き、利用しようとさえする動きを見せる彼ですが、その目的はゴッドハンドを地獄の渦の中に葬り去る事にあるようです。

中でもゴッドハンドのリーダー格、『天使長ボイド』とは浅からぬ因縁がある様子。

また、ゴッドハンドの1人スランからは『王様』と呼ばれ、その正体が覇王ガイゼリックであると云われたり、パックからは『妖精の気配がする』と言われたり、謎だらけの存在です。

今回は、その髑髏の騎士の正体について考察してみたいと思います。

髑髏の騎士

禍々しくも神々しい人骨を模した白い甲冑に身を包み、空を駆ける白馬に跨る騎士。

その強さは並の使徒なら一太刀で屠るほどであり、現時点ではガッツの上をいっていると思われます。

彼の甲冑の中身は謎に包まれていますが、ベヘリットを飲み込み、体内で練り上げて刃に変えたりする事や、ベヘリットを飲み込んだ時に『カラン』という音がついている事から、甲冑の中身はガランドウである可能性が高いと思われます。

また、彼は一度絶命しているものと思われます。

現在ガッツが纏う狂戦士の甲冑の前の装着者であり、全身から血を噴き出して絶命するまで戦ったという事から、あの白い甲冑に魂が定着し、活動しているものと推測されます。

空を駆けたり、信じられないスピードで動いたりと、その愛馬も幽界の存在である可能性が高いと思われます。

かなり大柄なガッツと甲冑のサイズが合うという事から、髑髏の騎士も生前はかなり大柄だったと思われますが、パックが言う『妖精の気配』が本当なら、彼は普通の人間ではなかったと思われます。

また、ゴッドハンドや使徒についてやたら詳しい事や、ボイドとの因縁めいた関係、さらに魔女フローラとの親交から察するに、彼はこの世にゴッドハンドや使徒という存在が誕生した時からそれを知る人物なのではないかと思えてしまいます。

彼の行動は、単なる怨恨ではなく、もしかしたら、ゴッドハンドや使徒が誕生した原因に絡む責任を果たす意味も含まれているのかも知れません。

ベルセルクの髑髏の騎士正体は?|正体は覇王ガイゼリック?

ベルセルク髑髏の騎士正体

正体は覇王ガイゼリック?

覇王ガイゼリックはおよそ1000年前に大陸のほとんどを支配する歴史上最大の帝国を築いた偉大な王にして、恐怖の対象となるほどの暴君であったと言われる人物です。

『髑髏の王様』というお伽話の内容からは、法王庁からも悪として扱われているようです。

髑髏の騎士の正体はそのガイゼリックであると云われたりしています。

しかし、小難しい事をのたまいながらも、結果的に弱い者を助けたり守ったりする行動をとっている事から、彼が暴君であったとは到底思えません。

また、彼は人間1人1人を観察し、その本質をズバリ抜く力に優れているようにも見え、王に相応しい優れた人格者であるようにもお前ます。

天使長ボイドにおいても、同じく人格者であるように見えます。

ベルセルクの髑髏の騎士正体は?|蝕を生き抜いた?

ベルセルク髑髏の騎士正体

髑髏の騎士も蝕を生き抜いた?

仮に髑髏の騎士が覇王ガイゼリックだったとしての私の妄想ですが、覇王ガイゼリックはその帝国と共にボイドによって捧げられた人物なのでは?

ボイドがゴッドハンドに転生した際にも蝕があったとします。

そこに至ったのは、思想の違いがあったのではないかと思われるのです。

私が思うに、今の法王庁の教えの中心にあるのはお伽話に出てくる『賢者』であり、おそらくは最重要の預言者として扱われていると思います。

おそらく『闇の鷹』について言及されている黙示録を書き残したのがこの賢者ではないか?とも思えます。

その賢者が後の天使長ボイド。

彼は宗教による思想の統一を目指していたが、ガイゼリックは苛烈な法による統一を目指した。

しかし、やはり強いのは時の権力者で、賢者は国家反逆罪か何かで捕らえられ、幽閉された。

しかし、それが蝕の引き金となった。

これからその詳細が語られる事があるのかは分かりませんが、私的には、自然や精霊、魔道を徹底的に否定し、弾圧する現在の法王庁が物語の根幹に深く絡みつく存在だと思えてなりません。

因果の流れを受け入れる者、受け入れない者があるとすれば、死して尚、自然の摂理に反して現世で活動する髑髏の騎士は明らかに後者でしょう。

髑髏の騎士が覇王ガイゼリックだったという都市伝説めいたネタはかなり真実味がありますが、いつか彼の謎が明らかになるその時を楽しみに、気長に待ちたいと思います。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

その他のベルセルク関連記事

ベルセルクの使徒とは?その存在の意味や強さは?|多数登場する超越者たち

ベルセルクのゾッドについての考察|実はガッツに似ている?

ベルセルク読者には嫌われがちなソーニャについての考察|異彩を放つ鷹の巫女

ベルセルクの完璧な世界の卵についての考察|断罪編の重要人物

ベルセルクのゴッドハンドの正体は?|全て法王庁絡み?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする