ベルセルク39巻以降の展開予想考察【ネタバレ含む】|ガッツに関する現在思いつく謎は?


ベルセルク39巻以降の展開予想考察【ネタバレ含む】|ガッツは魔道探求者の一団出身?

ベルセルク39巻展開予想考察

ベルセルク39巻以降の展開予想考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では発売が待たれてやっと発売されたベルセルク39巻。

そして39巻からベルセルク40巻以降がどのように進んでいくのか今後のガッツについての展開予想に考察を

  • ベルセルク39巻以降の展開予想考察【ネタバレ含む】|これまでのガッツに関する謎
  • ベルセルク39巻以降の展開予想考察【ネタバレ含む】|母親の骸から生まれ落ちる
  • ベルセルク39巻以降の展開予想考察【ネタバレ含む】|ガッツは魔道探求者の一団出身?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルセルク39巻以降の展開予想考察【ネタバレ含む】|これまでのガッツに関する謎

ベルセルク39巻展開予想考察

ベルセルクのガッツについて、39巻以降の展開を予想、考察

『黒い剣士ガッツ』から『狂戦士ガッツ』へと進化(?)し、強さにおいて更なる高みへと至ったガッツですが、そこに至るまでの彼の人生はまさに激動でした。

最新39巻では、キャスカの精神を取り戻す為に、目指し旅を続けてきた、相棒パックの生まれ故郷『妖精郷』へと辿り着きました。

第39巻までのガッツに関する謎

今後を考察するにあたり、ガッツに関する謎を思いつく限り列挙してみます。

1.出生にまつわる謎

2.ベヘリットは誰の者?

3.『犬』の正体

4.ガッツとキャスカの子供

5.物語の主役はガッツか?グリフィスか?

私が思いつく限りではこんなところです。

この記事では、『1.出生』についての考察と、それが物語に関係しているのではないかという事を書かせて頂きます。

ベルセルク39巻以降の展開予想考察【ネタバレ含む】|母親の骸から生まれ落ちる

ベルセルク39巻展開予想考察

母親の骸から生まれ落ちる

ガッツは、母親の骸から生まれ落ちるという壮絶な出生を遂げています。

ガッツの出生シーンを見ての私の妄想ですが、ガッツの母親は放浪生活を続ける一団に身をおいていたのではないでしょうか?

母親は街や村でないような場所にある大きな木に吊るされたまま絶命していました。

おそらく野盗や軍隊に襲われたのでしょう。

母親の他にも多数の人間が殺害されたようなので、それらも含め、おそらく戦乱を逃れ彷徨い続ける一団だったように見えるのです。

どこかの町や村から逃れてきたのでしょうが、ガッツの出生が物語に大きく関わるという前提で見てみると、その一団が何らかの特殊な集団であった可能性があります。

ベルセルク39巻以降の展開予想考察【ネタバレ含む】|ガッツは魔道探求者の一団出身?

ベルセルク39巻展開予想考察

ガッツは魔道探求者の一団出身?

ガッツの母親が属していた一団は、法王庁の教えに反する邪教徒、魔道探求者の一団であったのではないかとも思うのです。

ガッツは、その集団が生み出した『特別な子供』とも思えるのです。

『蝕』の際、スランがガッツが仲間になれば素晴らしいというような事を口にした時、コンラッドが『奴は因果律によって選ばれた者ではないから無理だ』という返しをしました。
なるほど使徒に転生する事はできないのでしょうが、スランが惚れ込むほどの何かを、ガッツが持って生まれた可能性はあります。

また、髑髏の騎士。

彼は初対面のガッツの出生を、まるで見てきたかのように言いあてました。

また、ガッツを導くような言動を見せます。

世界の運命に対して大きな影響を与える人間は、その出生が普通ではない事が多々あり、それは伝説として語り継がれたりしています。

ガッツもそうした人間であると思えてなりません。

ガッツは別の意味で『因果律』に選ばれた者

ガッツはこの世に生まれたと同時に死んでいて不思議でない出生を遂げています。

運良く偶然通りかかったガンビーノに拾われ、育てられました。

また、グリフィスをはじめとする鷹の団との出会い、髑髏の騎士との出会い、パックやファルネーゼ、セルピコ、イシドロ、そして魔道探求者であるシールケとの出会い。

ガッツは、運命の岐路で様々な人間に様々な形で助けられてきました。

『因果律』が、ガッツに何かを成させる為に彼を生かそうとしているようにしか思えないのです。

ガッツの役割は?

もし、ガッツが『因果律』に選ばれた特別な人間であるなら、彼は世界に対してどんな影響を与えるのでしょうか?

39巻現在、世界はグリフィスを中心に回っています。

この世にただ一人の絶対者、それがグリフィスです。

対してガッツは人間です。

ですが、ガッツ自身に一切自覚はないでしょうが、グリフィスと同じく人をひきつける魅力を持っています。

ガッツは、仲間や関わった人間、さらにはゴッドハンドのスラン、使徒ゾッドから注目される存在です。

これらを踏まえると、ガッツとグリフィスは個々の思いを超えた次元で戦う可能性もあります。

二人が軍を率いて激突する、そんな未来がくる可能性もあるのではないかと、私は思っています。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

【その他のベルセルク関連記事】

ベルセルクのロクス転生の理由についての考察|月光の騎士から魔騎士へ

ベルセルクのガッツが黒い剣士と呼ばれるに至るまでの考察|精神状態は?

ベルセルクのガッツの考察・夢の終わりと蝕について③|友との決別

ベルセルクのガッツと蝕についての考察|グリフィスのプライド

ベルセルクのガッツの考察・夢の終焉と蝕について|悪夢の始まり

ベルセルクのガッツの考察・黄金時代編・後半|武者修行からグリフィスの乱心

ベルセルクのガッツについて現在から今後を考察~黄金時代編・中|グリフィスとの関係性

ベルセルクガッツ黄金時代編の考察|前半

ベルセルク主人公ガッツについて現在までと今後を考察~少年編|出生から振り返ってみて

ベルセルクのガイゼリック王とドクロの王様についての考察|ミッドランドは実在する!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする