スポンサーリンク

【ONEPIECE979話以降考察】鬼ヶ島のドクロの正体は?|超巨大なオーズの残骸?

ワンピース考察
Pocket

【ONEPIECE979話以降考察】鬼ヶ島のドクロの正体は?|オーズよりバカデカイオーズの存在

 

【ONEPIECE979話以降考察】鬼ヶ島のドクロの正体は?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピース979話以降の展開予想考察として鬼ヶ島のドクロの正体についてを、
  • 【ONEPIECE979話以降考察】鬼ヶ島のドクロの正体は?|大きなドクロ
  • 【ONEPIECE979話以降考察】鬼ヶ島のドクロの正体は?|持ち主は超巨大なオーズ?
  • 【ONEPIECE979話以降考察】鬼ヶ島のドクロの正体は?|何でも巨大な鬼ヶ島な住人
以上の項目に沿ってご紹介しております。
 
スポンサーリンク

【ONEPIECE979話以降考察】鬼ヶ島のドクロの正体は?|大きなドクロ

 

鬼ヶ島のドクロの正体は?〜島一つくらい大きな頭を持った超巨大なオーズが存在した?〜

 
ONE PIECE 979話以降、鬼ヶ島決戦の舞台となるであろう鬼ヶ島の中央に存在する巨大なドクロ…
 
今回はそれについて妄想たっぷりに色々あり書かせて頂きます!
 

大きなドクロ

鬼ヶ島の中央に存在する巨大なドクロ…
 
甲塚、これは山を人為的に削ってそういう形状に作り上げたものだと思っていたのですが、あまりにも見事な造形から、すごい技術…
 
しかし、ワノ国には光月家というポーネグリフに文字を刻む非常に優秀な石工一族が存在しましたよね?
 
あれは彼らの手によるものである可能性も考えていましたが…
 
977話の錦ちゃんの説明から、そうではないと判断しました。
 
『島の大きなドクロは山と一体化しており中には城がある』
 
一体化とは、別々のものが一つになる事であり、別種のものを一つに融合させる事を言います。
 
このセリフからは、本来、山とドクロが別物であり、長い時間をかけて一体化したものであると、甲塚は受けとりました。
 
ならば、あのドクロは本物の頭蓋骨であると言う可能性が極めて高いと思えますな…
 
じゃあ、一体あの頭蓋骨の持ち主は一体何者だと言う事になりますな!