スポンサーリンク

【ワンピース978話以降考察】SWORD隊長ドレークが飛六胞の一員である事|世界政府の闇

ワンピース考察
Pocket

【ワンピース978話以降考察】SWORD隊長ドレークが飛六胞の一員である事|SWORDの任務について

 

【ワンピース978話以降考察】SWORD隊長ドレークが飛六胞の一員である事についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではワンピース978話以降の展開予想考察としてSWORD隊長ドレークが飛六胞の一員である事についてを、
  • 【ワンピース978話以降考察】SWORD隊長ドレークが飛六胞の一員である事|飛六胞の一員
  • 【ワンピース978話以降考察】SWORD隊長ドレークが飛六胞の一員である事|SWORDの任務とは?
  • 【ワンピース978話以降考察】SWORD隊長ドレークが飛六胞の一員である事|世界政府の闇

以上の項目に沿ってご紹介しております。
スポンサーリンク

【ワンピース978話以降考察】SWORD隊長ドレークが飛六胞の一員である事|飛六胞の一員

 

ドレークが飛六胞の一員でありSWORD隊長でもある意味について〜SWORDは何を断ち切る剣なのか?〜

 
最悪の世代の一角である『赤旗』X・ドレーク。
 
彼は海軍少将から海賊に転身し、今は百獣海賊団真打最強の六人である飛六胞の一員であり、その正体は海軍特殊部隊SWORDの隊長…
 
今回はそんなドレークについて妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます!
 

飛六胞の一員

977話ラストにて勢揃いした飛六胞ですが、描かれたのは脚元のみ。
 
飛六胞内にも力の序列はあると思えますが、977話で革靴を履いた男性らしき人物が先頭を歩いていて、彼がリーダーであるなら、歩いてくる順番が序列を現しているとして、見た目にドレークは三番手か四番手あたりかと思えます。
 
ドレークは、まあ能力に頼った弱小とは言えロギアのカリブーをいとも簡単に倒して捕らえています。
 
その実力を持ちながら三番手か四番手であるなら、上位三人はそれより強い可能性は極めて高い…
 
しかし、ドレークは新参者でしょうから逆にその地位にある事自体がドレークの実力が正当に評価されている証と言えるかも知れない…
 
ドレークは信頼されている、と言えるでしょう。
 
しかしドレークの正体は海軍特殊部隊SWORDの隊長…
 
彼が単独で百獣海賊団に潜入捜査をしているなら、信頼を勝ちとるのは必須事項で、正確な情報を得るにはそれなりの地位が必要…
 
しかし、あまり高い地位についても動き辛い…
 
ドレークは『任務』を果たす為に、非常にうまくやっているという事になるでしょう。
 
しかし、彼の任務とは?