スポンサーリンク

ルフィ四皇入りでゴア王国とフーシャ村はどうなる?|ワンピース考察

ワンピース考察
Pocket

ルフィ四皇入りでゴア王国とフーシャ村はどうなる?|革命の盟主的立場に?

 

革命の盟主的立場に?

第1053話では、どこかの国でサボの大きな写真が、まるで崇拝対象であるかのように飾られているシーンが描かれました。

もしかしたら、真逆の意味かも知れないですが、甲塚はサボが革命の象徴として英雄視されているという意味だと捉えているのですが、それがCP-0が言っていた世界中で起こっている何らかの出来事に繋がっている可能性は高いと思え、また、CP-0はルフィがカイドウを倒したなら、それが追い風になるとも言っていますが、サボが英雄視されているなら義弟であるルフィの快挙は追い風になり得るでしょう…

サボがいま、どうなっているのかはわからないですが、世界的に『革命』の機運が非常に盛り上がっているのは間違いないところで、もしゴア王国が彼らとの関係を揶揄されている状況ならば…

モルガンズは世界会議編にて、ゴア王国は凶悪犯罪者を多く輩出している興味深い国だと注目していましたが、モルガンズが革命機運を刺激する為、ゴア王国は以前から革命軍や世界政府に逆らう海賊と結託し、革命を計画していたなんて事を匂わせるような事を記事にしていたりするなら…

単に匂わせるというだけで、事実、ルフィ達を排出していますし、その集中具合は異常で意図的に感じる可能性も高いですし、革命を望む民衆がゴア王国を革命の盟主、革命の聖地みたいに考えてしまうというような状況にはなり得ると思えます…

ゴア王国にとっては非常に迷惑極まりない話ですが、ステリーは更なる権力を欲していましたし、そんな展開になっているなら、また面白い事件が起きそうな気がします!

タイトルとURLをコピーしました