スポンサーリンク

人工悪魔の実が失敗作でよかった理由|ONEPIECE1008話以降考察

ワンピース考察
Pocket

人工悪魔の実が失敗作でよかった理由|ナンバーズはカイドウの血統因子で?

 

ナンバーズはカイドウの血統因子で?

カイドウの血統因子、パンクハザード…

甲塚は古代巨人族の『失敗作』であるナンバーズ達も、カイドウの血統因子から作られた存在だったりするのではないかと思われます。

ナンバーズは失敗作だと言いますが、今まで登場している五体は失敗作と呼ばれるに相応しく脆い。
おそらく大きさや外見だけ再現されただけで、中身が伴っていないという事なんじゃないでしょうか?

カイドウがナンバーズを買い取ったのは自負の血統因子を使って生み出された兄弟や子供と呼べるような存在であるからという可能性も?

もしかしたら、ヤマトも…?

まあ、ヤマトは絶対に失敗作なんかじゃないでしょうけど…

また、ベガパンクが失敗作だと言って保管していた実は、モモの助が食べた実である事は明らかでしょう。
しかし、モモの助はちゃんと龍に変身しますし、空を飛ぶ事もできる…

失敗作は、狙い通りのものにならなかったから失敗作なのであって、それが本当ならば悪魔の実としては何かが足りないか、または悪魔の実の能力と共に別の能力を付加したものを作りたかったのか?

更には、失敗作というのは嘘だった可能性もある。

しかし、読者からすれば食べてみないとわからないだろうと思えますよね…

もしかしたら、悪魔の実を作ろうとしてはじめた事ではなく、偶然できてしまったとか?
だから、食べれば何が起こるかわからないから失敗作てして保管した?

しかし、それなら何故破棄しなかったのか?

悪魔の実は人間の力では消す事はできないとかなんでしょうか?

しかし、髭帽子は悪魔の実が失敗作であり吹き飛んでいてほしいと願っている…

やはり、ベガパンクが作ろうとしたのは通常の悪魔の実の上を行くものだったりするのかも?

もしかしたら、デメリットがないとか?

タイトルとURLをコピーしました