スポンサーリンク

【キングダム660話以降考察】秦魏同盟正式に成立!|趙攻略が本格化

キングダム
Pocket

【キングダム660話以降考察】秦魏同盟正式に成立!|蒙武、謄はこのまま趙へ?それとも…

【キングダム660話以降考察】秦魏同盟正式に成立!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、キングダム659話では什虎の戦いも秦魏同盟軍の勝利が確定的になり幕を下ろした形になりましたが、この戦いの今後の影響からこの先のキングダムについての考察を、

  • 【キングダム660話以降考察】秦魏同盟正式に成立!|蒙毅の成長
  • 【キングダム660話以降考察】秦魏同盟正式に成立!|蒙武と謄の今後の動き
  • 【キングダム660話以降考察】秦魏同盟正式に成立!|趙攻めの本格化

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

【キングダム660話以降考察】秦魏同盟正式に成立!|蒙毅の成長

キングダム600話。

659話までの什虎攻略戦では、終始、キン肉マンで言うところのリングサイドでのテリーマン化していたテリー蒙毅。

正直、呉鳳明が居なければ什虎の満羽、千斗雲、玄右、寿胡王などの歴戦の将相手に大苦戦…もしくは敗戦もあったのではないでしょうか。

それくらいこの戦で際立ったのは呉鳳明の軍師としての実力で、形の上では蒙武軍の軍師として同伴していた蒙毅は、呉鳳明と自分との力の差を思い知ったのではないでしょうか?

正直、実戦経験の差が天と地ほど違う呉鳳明と蒙毅では比べるまでも無いのですが、今の軍師としての力なら、昌平君の軍師学校ではともに成績優秀とされていた河了貂ともかなり差が開いていそうですし、蒙毅はこれから力をつけていけば良いと思います。

什虎の戦いで、己の無力さを思い知った蒙毅は、呉鳳明と自分の差を知り、呉鳳明の凄さを肌身で感じ大きく成長する糧にしていけると思います。

史実でもそこそこ有名で、才もあった人物なのでただのテリーマンでは今後はいかないと思いますしね。