スポンサーリンク

ヤマトは伝説の一時間の後にモモの助を助けに走っていた!|九里に走っていた!

ワンピース考察
Pocket

ヤマトは伝説の一時間の後にモモの助を助けに走っていた!|20年抱き続けた悔しさ!

ヤマトは伝説の一時間の後にモモの助を助けに走っていた!についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース994話の内容から、ヤマトは伝説の一時間の後にモモの助を助けに走っていた事実が判明した事についての考察を、

  • ヤマトは伝説の一時間の後にモモの助を助けに走っていた!|九里に走っていた!
  • ヤマトは伝説の一時間の後にモモの助を助けに走っていた!|20年抱き続けた悔しさ
  • ヤマトは伝説の一時間の後にモモの助を助けに走っていた!|生き様と死に様

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

ヤマトは伝説の一時間の後にモモの助を助けに走っていた!|九里に走っていた!

 

ヤマトは伝説の一時間の後にモモの助を助けに走っていた!〜20年抱き続けた悔しさ!〜

甲塚
甲塚

ONE PIECE994話では、ついにヤマトがモモの助達に自分の想いを伝える事ができるようです!

今回はそれについて妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます!

 

九里に走っていた!

ヤマトが20年前の『伝説の一時間』をその目で目撃している事は明らかになっていましたが、994話ではそれが更に詳細に語られます!

まだ幼いヤマトはあの般若面をつけて釜茹での刑場にいたようです。

そこで一部始終を幼い目で全て見ていた!

おでん様をバカ殿呼ばわりする民衆に我慢ができず、自らの命を顧みる事なく真実を叫んだしのぶの言葉に泣き、おでん様の生き様に泣いた!

その後に幼いヤマトはモモの助を助ける為に九里に走ったという!

しかし、ヤマトは城の高い場所から落とされそうになっているモモの助を見ている事しかできなかった!

あの時の僕には力が無かったと叫ぶ!

ヤマトはカイドウに鬼ヶ島から連れてこられていたのか、また自分の意思でそこにきていたのかはわかりませんが、もしかしたらカイドウが本物の侍の死に様をヤマトに見せようとして連れてきた?

カイドウは人間の死に様に強い拘りを持っているようですので、カイドウなりの教育の一環だったかも知れません。