スポンサーリンク

【ワンピース991以降考察】ルフィとドレークの今後の関係|孤軍は強力な味方になるか?

ワンピース考察
Pocket

【ワンピース991以降考察】ルフィとドレークの今後の関係|討ち入り勢は受け入れる?

【ワンピース991以降考察】ルフィとドレークの今後の関係についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース990話では、裏切りが発覚し、百獣海賊団の粛清を受けそうになったドレークがルフィを頼ると言う行動に出た事についてを、

  • 【ワンピース991以降考察】ルフィとドレークの今後の関係|ドレークの真意は?
  • 【ワンピース991以降考察】ルフィとドレークの今後の関係|ルフィは受け入れられるのか?
  • 【ワンピース991以降考察】ルフィとドレークの今後の関係|ルフィは希望

以上の項目に沿ってご紹介しております。

 

スポンサーリンク

【ワンピース991以降考察】ルフィとドレークの今後の関係|ドレークの真意は?

 

 

ルフィとドレークの関係はどうなる!?〜孤軍ドレークの任務は?ルフィは受けれ入れられる?〜

 

甲塚
甲塚

ONE PIECE990話では、赤旗X・ドレークがローを逃した事が露見し、追い詰められて逃走した先でナンバーズと戦うルフィに加勢し、共闘したい意思を伝えましたが…

今回はそれについて、妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます!

 

ドレークの真意は?

ドレークの正体は海軍機密特殊部隊SWORDの隊長ですが、少なくとも数年は海賊として活動し、カイドウの部下となり飛び六胞という幹部にまでなっていた。
ワノ国編ではホーキンスと共にローを追い詰め、ローを捕らえましたが、何故かローを解放した…
ドレークはローとまともに会話もせず、ローは自分を解放したドレークの真意を聞かされてもいないようでした。

また、ドレークは事が露見して追い詰められる直前、ホーキンスに『お前がカイドウの部下になったのは不本意な事』と言い、裏切りを促すようなことを口にしていました。

ドレークはホーキンスがカイドウを裏切ると考えていたようで、それも踏まえてドレークがカイドウに反意を持っていた事は明らかですな。

また、ドレークは今さら海軍にも戻れないとも考えているようですが、そうなるとやはりSWORDは海軍の組織でありながら、本当に秘中の秘で、海軍でその存在を知るのはSWORDの創設者と隊員達のみなんじゃないでしょうか?

ドレークが海軍に戻れないと考えているのは、その任務は海軍にも知られてはいけないもので、しかも海軍にいては果たせないもの…

また、カイドウの部下になる必要があったとなると…

やはりカイドウと百獣海賊団が海軍や世界政府の闇とつながっている可能性がある。

カイドウはナンバーズをパンクハザードから買っていたわけですしね…

ドレークはそんな闇を白日の元に晒す事が任務なのか?

ならば尚更。事情を明かして海軍に戻る事は出来ない…

というか、海賊として活動していた事は事実ですので、海軍は海賊を受け入れるわけにはいかない…

またドレークは任務を果たすまで死ぬわけにもいかない!

本当に追い詰められた状態なんだと思います!