スポンサーリンク

マッシュル1巻感想と考察|ジャンプ新連載中の期待作!

マッシュル
Pocket

マッシュル1巻感想と考察|魔力の世界を筋力で制する!?

 

マッシュル1巻感想と考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では現在週刊少年ジャンプで連載中のマッシュル1巻の内容に感想と考察を、

  • マッシュル1巻感想と考察|破天荒マッシュ・バーンデッド
  • マッシュル1巻感想と考察|イーストン魔法学校受験
  • マッシュル1巻感想と考察|神覚者への道、スタート!

以上の項目に沿ってご紹介しております。

 

スポンサーリンク

マッシュル1巻感想と考察|破天荒マッシュ・バーンデッド

マッシュル第1巻の感想と考察〜魔力の世界を筋力で制する!?破天荒活劇スタート!〜


週間少年ジャンプで人気連載中のアブノーマル・魔法ファンタジー『MASHLE』の第1巻が発売中です!

今回はその第1巻の内容と感想、妄想をまじえた考察を書かせて頂きます!

破天荒マッシュ・バーンデッド



皆が当たり前のように魔法を使え、その巧拙が社会的身分を決定する『魔法界』がこの物語の舞台…

また、ドラゴンなどのモンスターも存在する世界であるようですな。



そんな世界のとある深い森の中で猛烈極まりない筋トレに勤しむキノコ頭の少年が存在した!
この少年こそがこの物語の主人公!



レグロ氏はシックでエレガントで当たり前のように魔法を使えるようです。

豊富な人生経験により、少々の事にはイライラしない人間であると自負しているようですが…



さっきの猛烈筋トレ少年こそ主人公マッシュ・バーンデッド!

レグロ氏はその養育者であるようです。

レグロ氏は少々の事にはイライラしないと自負していたようですが、これは少々の事でないので、イライラしてOKでしょう!



当たり前のように魔法を使えるらしきレグロ氏が息子と呼ぶマッシュは全く魔法が使えないと言う…

レグロ氏はマッシュに街に行く事を禁じていますが、深い森に住んでいる事も踏まえて、魔法が使えないマッシュが街に出るのはかなり危険な行為なのだと思われる…

しかし…マッシュは大好物のシュークリームに目が眩み、その禁を破ってしまう…



話は変わって街のとある交番で新聞に目を通しているヤサグレ感ハンパない警官と思しき人物…

魔法界には『神覚者』と呼ばれるエリートが存在するようです。

また、魔法界の新聞は写真が動画のようになっているように見えますな…

この警官がのちにバーンデッド家の未来に大きく関わる事になる…



で、街に出たマッシュ…

シュークリームはゲットしたものの、やはりトラブル発生!

ものっそい性格の悪そうなカス警官に絡まれてしまいます。



制服にクリームが着いたから、洗って返すために汚れた部分をちぎって持ち帰ろうとするマッシュの思考回路…

たぶん本当に申し訳ないと思っている反面、グダグタネチネチとうるさいので、こういう行動をしたのでしょう。

これがマッシュの性格であるわけですな…(笑)



また、レグロ氏がマッシュに街に出てはいけないと言っていたのは、魔法界で魔力を持つ人間は顔に線状のアザがあり、それで魔力の有無と巧拙が判断できるようてわ、マッシュにはそのアザが無かったから…

また、それが警官にバレてしまいます!

そこにレグロ氏が現れてマッシュを連れて逃走するのですが、さっきのヤサグレ警官のターゲットにされてしまう!



今の魔法界の繁栄は何世代にも渡り、魔法が使えない人間を間引いてきた結果であるらしい…

無論、魔法を使えない人間であるマッシュは間引き対象…

ヤサグレ警官はバーンデッド家にやってきてマッシュの引き渡しを要求しますが、レグロ氏がマッシュを引き渡すわけはない!



レグロ氏の回想…

レグロ氏は魔法は使えるものの、一般的なレベルにはなく誰からも必要とされない人生を送り、ある日自殺しようとしていたところで置き去りにされているアザがない赤ん坊を発見する…


レグロ氏は自分と同じような境遇にある赤ん坊との出会いに自分の価値を見出し、赤ん坊を育てる事にする。

その赤ん坊こそがマッシュであるわけです。

血は繋がっていないが、レグロ氏はマッシュを息子として育て可愛くて仕方ない…

引き渡す事などあろうはずもなく、マッシュに逃げろと命じますが、マッシュもマッシュで逃げるわけなどなく…



親に暴力を振るった警官達を地獄行きにする事を決定!

ちなみにヤサグレ警官の名前はブラッド・コールマンと言うようです。



この警官、何やら強いようで魔法を使えない弱者であるはずの、それも一般人のマッシュにいきなり強力な魔法を使いますが…



マッシュは事も無げにそれを弾いてしまう。

更に強力な魔法を繰り出しますが結果は同じで…



もう完全に遊ばれてしまいます!

と言うか、マッシュ魔法が使えないって本当なのか!?(笑)



観念したコールマンはマッシュに取引きを持ちかけます。

コールマンはマッシュに『神覚者』になり、その利権を自分に差し出すなら、お前たちを見逃してやる…

この取引に応じないなら、お前たちは一生追われる身になると…

マッシュはこれを飲み、取引に応じます。

取引云々よりも、マッシュはこの一件により幸福に生活するためにはこのままではいけないと察したのだと思います。



それを示すのがこの覚悟…

世界が自分達の存在を許さないなら、その世界をぶっ壊すしかない!

いかにもマッシュらしい考えです!

かくして、マッシュ・バーンデッドの戦いは開始された!