スポンサーリンク

キングダム660話ネタバレ!満羽の悲劇|千斗雲は暦国の元大将軍!

キングダム
Pocket

キングダム660話ネタバレ!満羽の悲劇|寿胡王が語った真実

キングダム660話ネタバレ!満羽の悲劇についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ヤングジャンプ最新50号に掲載されていた、キングダム660話の内容に感想をネタバレも含みますが、

  • キングダム660話ネタバレ!満羽の悲劇|千斗雲は暦国の大将軍
  • キングダム660話ネタバレ!満羽の悲劇|自国の元民を虐殺してしまっていた事実…
  • キングダム660話ネタバレ!満羽の悲劇|遺言を残し首を差し出す寿胡王

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

キングダム660話ネタバレ!満羽の悲劇|千斗雲は暦国の大将軍

キングダム660話は、寿胡王が謄をはじめ、秦の各将軍たちを前に語り始め、謄は什虎の将たちが自分たちと違うと言ったがそれは間違いだと言いました。

逆に自分たちは、何も持っていない、すべてを失ったと…
満羽、千斗雲は、失った上にさらに…
満羽は、元々汨国の大将軍で、千斗雲は暦国という小国の大将軍であった時に、楚国をはじめ他国からの侵略に抗い続けていた時代に…

二か国は四方を楚に取り囲まれていても、落ちなかったのは満羽と千斗雲がいたからなのです。
国こそ違えど、満羽、千斗雲は楚に連戦連勝でした。

国では大将軍満羽は英雄として民に崇められている様子。

しかし汨国の王袁公は、楚の終わりのない執拗な攻めにもう限界を感じ楚に降るという判断をします。

満羽は過去に楚に降った、圭という国の例を出し、楚に降るとどうなるかという事を説明し、王に降伏など断固反対だと、この満羽がいる限り我が国の民を奴隷になどさせないと宣言するのでした。