スポンサーリンク

【キングダム660話考察】寿胡王が蒙武に語る什虎の悲劇とは?|信じる者に裏切られる事

キングダム
Pocket

【キングダム660話考察】寿胡王が蒙武に語る什虎の悲劇とは?|蒙武にこそ伝えたい事実とは?

【キングダム660話考察】寿胡王が蒙武に語る什虎の悲劇とは?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、キングダム659話の内容を受け、キングダム660話の展開予想考察として、

  • 【キングダム660話考察】寿胡王が蒙武に語る什虎の悲劇とは?|満羽は王族?楚に実力では負けていない?
  • 【キングダム660話考察】寿胡王が蒙武に語る什虎の悲劇とは?|満羽の近親者に内通者が?
  • 【キングダム660話考察】寿胡王が蒙武に語る什虎の悲劇とは?|蒙武と昌平君が袂を分かつ伏線?

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

【キングダム660話考察】寿胡王が蒙武に語る什虎の悲劇とは?|満羽は王族?楚に実力では負けていない?

 

キングダム659話では、寿胡王が捕らわれ、楚の本陣は落ち什虎城も魏軍に占拠され什虎の戦いは秦魏同盟軍の勝利で幕を閉じたように見えました。

そしてキングダム659話のラストでは、捕らわれの身のクセに寿胡王が偉そうに、謄にお前たちもそうだが、蒙武は特に什虎の満羽の話を聞かなければならないと宣っていました。

やはり什虎の4人の将軍は、楚将となる前からかなり親しい間柄だったのではないでしょうか?

寿胡王は既に王族だという事が明らかになっていますが、汨国では満羽も…もしかしたら千斗雲や玄右も王族かそれに近しい立場の人間だったのかもしれないですね。

小国にはありがちな、王族とその近親者で重臣を固めていると、汨国はそういった国だったのではないでしょうか?

そして満羽は、迫りくる楚軍をことごとく蹴散らし中々落ちない汨国に対して楚軍は正攻法での攻略を諦めた?