スポンサーリンク

キングダム657以降展開予想考察|呉鳳明は千斗雲をどう止める?

キングダム
Pocket

キングダム657以降展開予想考察|魏軍本陣に迫る千斗雲!凱孟は来ていないのか?

キングダム657以降展開予想考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、キングダム656話では、録鳴未との一騎打ちにケリがついたと判断したのか、その視界に魏軍本陣の呉鳳明軍を捉えた戦闘狂千斗雲が突撃してきた事についてを、

  • キングダム657以降展開予想考察|血だらけの録鳴未の扱い
  • キングダム657以降展開予想考察|今後の呉鳳明の采配は?
  • キングダム657以降展開予想考察|龍苑に旬詠

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

キングダム657以降展開予想考察|血だらけの録鳴未の扱い

 

キングダム656話では、主に満羽と蒙武が一騎打ちに至るまでの戦況から、現在乱美迫を助攻として動かすために、眼前の千斗雲軍を単軍で相手していた録鳴未軍が描かれていましたが、文字通りつぶれ役として機能し、千斗雲の足止めに成功した録鳴未は血だらけとなりながらも討ち取られるまでには至っておりませんでした。
しかし、当の相手の千斗雲は、既に録鳴未よりも、自らの視界にとらえた魏軍本陣に鎮座する呉鳳明の方に興味津々の様子。

そして、録鳴未にトドメも刺さずに魏軍本陣に向かっていく始末。
千斗雲は生粋の戦闘狂で、おそらくは強い相手と戦うのが好きなのでしょうが、相手の命を取る取らないはあまりこだわりがないのかも知れませんね。
ただただ強い相手と戦いたい、その結果相手が死んだら死んだでかまわないが、殺さずとも己が強さを自身で再認識できれば滾りを満たせるのでしょう。

そして、千斗雲が楚では千人将と称した録鳴未は、本来は将軍首で将軍首としての手柄になるのですが、楚での手柄争いにも興味が無く、魏の大将首の方に興味を示したまでなのでしょうが、こうなれば録鳴未も黙ってはおれませんよね。
いくら既に満身創痍であろうが、眼前に俺が居るだろう!?
とど根性男がこのまま黙っているとも思えないのですよね。