スポンサーリンク

キングダム648話呂不韋の死は証人保護プログラム?|ラストの描写をどう捉える?

キングダム
Pocket

キングダム648話呂不韋の死は証人保護プログラム?|どこへ旅立った?

 

キングダム648話呂不韋の生死についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではキングダム648話にて自ら毒を飲み命を絶った呂不韋ですが、最後の馬車で旅立つ謎の描写の中にもしかして本当に生きているの?と思えるセリフなどがあったことから呂不韋の死についての考察を、

  • キングダム648話呂不韋の死は証人保護プログラム?|史実では死んでいる
  • キングダム648話呂不韋の死は証人保護プログラム?|謎の女性との会話
  • キングダム648話呂不韋の死は証人保護プログラム?|実に呂不韋らしい

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

キングダム648話呂不韋の生死について|史実では死んでいる


キングダム648話で呂不韋は自ら毒を飲み死んでしまいました。

呂不韋は秦国首脳陣に反乱の疑いをかけられていた事で、自分には反乱の意志は無いですが、もはや呂不韋自身にも確かに存在する反乱分子を止めることが出来ないことを理解していたので自ら反乱の御旗となれないよう死を選びました。

史実では財産も没収され、ただ軟禁されたままの余勢を過ごすことに失意を感じ自ら毒を飲み死んだとありそう解釈されていましたが、本当の呂不韋の気持ちは呂不韋自身にしかわからずこのキングダムの描写こそが本当の所かもしれませんね。

そして史実でもここで確かに呂不韋は死んだこととなっています。

というか歴史の中に今後登場しないだけで、死んだであろうが本当に死んだかどうかはわかりません。