スポンサーリンク

【キングダム647話以降考察】李朴カイネと傅抵|本来は将軍である彼が2人を支える?

キングダム
Pocket

【キングダム647話以降考察】李朴カイネと傅抵|活躍はこれから?

 

【キングダム647話以降考察】李朴カイネと傅抵についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではキングダム646話の内容を受け647話以降の考察として趙国の傅抵にスポットを当ててみて、
  • 【キングダム647話以降考察】李朴カイネと傅抵|647話は秦国サイドになりそう?
  • 【キングダム647話以降考察】李朴カイネと傅抵|李朴にカイネを元気づけれるのは傅抵
  • 【キングダム647話以降考察】李朴カイネと傅抵|傅抵は既に将軍のはず?
以上の項目に沿ってご紹介しております。
スポンサーリンク

【キングダム647話以降考察】李朴カイネと傅抵|647話は秦国サイドになりそう?

 
キングダム647話はおそらくは趙国王位継承の乱については646話で一段落として、647話では秦国サイドのストーリーが書かれそうな気がします。

趙国王都を取り囲んだ王翦率いる秦軍がそろそろ動き出すのではないでしょうか?

どう考えても趙国のこのピンチをどうにかできる可能性のある唯一の男である李朴を自分たちで亡き者にしようとするアホな国を指をくわえて見ているわけもなく攻勢に出るでしょうね。
 
正直私は今の趙国、兵はいようが率いる者もいないでしょうし、どうにもならないような気がするんですよね。
 
秦軍が今回出陣しているメンツも李朴でしか対峙できないであろう名将王翦を大将にゆくゆくは新六大将軍になるであろう李信、王賁、蒙恬にまだ五千人将ではありますが羌瘣 (きょうかい)もいます。
 
正直李朴が居ても王都を守りきれるかどうかわからないのに李朴抜きではどうしようもないでしょうね。
 
未だ未登場の司馬尚は動かないでしょうしね。
 
さてさて郭開はどうするのか?