スポンサーリンク

【ベルセルク第361話考察】髑髏の騎士のセリフの意味|因果は未だ収束していない

ベルセルク考察
Pocket

【ベルセルク第361話考察】髑髏の騎士のセリフの意味|冥府魔道の果てに…?

 

 

【ベルセルク第361話考察】髑髏の騎士のセリフの意味についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではベルセルク361話の考察として髑髏の騎士のセリフの意味についてを、

  • 【ベルセルク第361話考察】髑髏の騎士のセリフの意味|因果は未だ収束していない
  • 【ベルセルク第361話考察】髑髏の騎士のセリフの意味|ガッツとキャスカに安住の地はないのか?
  • 【ベルセルク第361話考察】髑髏の騎士のセリフの意味|冥府魔道の果てに…?

以上の項目に沿ってご紹介しております。

スポンサーリンク

【ベルセルク第361話考察】髑髏の騎士のセリフの意味|因果は未だ収束していない

 

ベルセルク第361話考察、髑髏の騎士のセリフの意味とは?〜因果は未だ収束していない〜

 

ベルセルク第361話にて髑髏の騎士はガッツに対してまたもや意味深なセリフを口にしました。

今回はそのセリフについて妄想たっぷりに色々と書かせて頂きます!

因果は未だ収束していない

無事に目的地まで辿り着いた事を得意気に話すガッツ。

髑髏の騎士はそれはよかったと言いながらも

『因縁は未だ収束していない』

と、油断しているガッツに釘を刺しました。

ガッツはまだ大きな問題を抱えているにせよ、キャスカが正気を取り戻した事で肩の荷が降り、また、外の世界とは隔絶された楽園のような妖精郷に安らぎを感じている…

『ここならば、安全だ』

と、そう感じているのでしょう。

しかし、髑髏の騎士のセリフから察するに、最早幻造世界には絶対安全な場所など存在しない…

全知全能とも言える絶対者である光の鷹グリフィスが存在するからでしょう。

空間をねじ曲げてしまえるような存在から身を隠せる場所など一つもなく、ガッツらが妖精郷に長居すれば、必ず妖精郷にもグリフィスの魔手が伸びてくる…

髑髏の騎士はそんな意味を込めてガッツにそう言ったんじゃないでしょうか?