ワンピースの空白の100年考察|ONEPIECE最大の謎の1つに迫る


ワンピースの空白の100年考察|いったい何があったのでしょう?

ワンピース空白の100年考察

ワンピース空白の100年の考察についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でござます。

この記事では、ワンピースの最大の謎の1つ、空白の100年についての考察を

  • ワンピースの空白の100年考察|最大の禁忌
  • ワンピースの空白の100年考察|甲塚の妄想的仮説
  • ワンピースの空白の100年考察|世界を滅ぼし得るもの

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワンピースの空白の100年考察|最大の禁忌

ワンピース空白の100年考察

『ONE PIECE最大の謎の一つ、空白の100年を考察する』

ONE PIECEの物語中には、最大の謎の一つが『空白の100年』という時代。

『空白の100年』は、およそ900年前から始まり、800年前に終わりを告げ、『世界政府』が誕生し、現在に至るわけです。

その『空白の100年』の間に、何があったのか?

ONE PIECEファンなら、誰もが気になる最大の関心事と言えるでしょう。

今回はその『空白の100年』について考えてみたいと思います。

最大の禁忌

現在、ONE PIECE世界では『空白の100年』は、口に出す事も憚られるくらいの禁忌とされているようです。

理由はもちろん、『大罪』に繋がるからです。

世界政府は、この『空白の100年』の研究を禁じています。

『空白の100年』について調査していたオハラの学者達は海軍のバスターコールにより、ニコ・ロビンを除いて全滅。
島はおそらく絶対立ち入り禁止とされているはず。

それを命じたのが『世界政府』。

『世界政府』が『空白の100年』の真実が明らかになる事を恐れている事は明白。

それを守ろうとする姿勢は、常軌を逸していると言えます。

人間の命より重きを置かれる『空白の100年』の秘密とは、一体どんなものなんでしょう?

ワンピースの空白の100年考察|甲塚の妄想的仮説

ワンピース空白の100年考察

甲塚の妄想的仮説

『歴史』とは、一瞬一瞬の積み重ねであり、この世に刻まれた事は忘れられようと消える事は絶対にありません。

しかし、『世界政府』の姿勢は『無かった事』にしたいようにしか見えません。

『隠す』事で、この世に刻まれた出来事を消し去る事は出来ません。

しかし、忘れさせる事は出来るでしょう。

隠し通す事で、長い時間をかけて人々からそれに対する興味を無くさせる。
更に、オハラのような例があれば、敢えてそれに触れようとしなくなるでしょうから、尚更忘れ去られていく事でしょう。

それが『世界政府』の願い。

しかし、『空白の100年』という時代があった事は、根性で人語を介するようになったヒトデですら知っていた事です。

世界中の多くの人間が知らないわけがありません。

おそらく、歴史学者が歴史を調べる上で、900年前から800年前に関する文献等が異常に少なく、全容が見えないという事からその時代を『空白の100年』と名付けたものが広まったのだと思われます。

ONE PIECE世界の歴史は、5000年以上前から続いているようです。

その中の『100年』…

甲塚が思いますに、ONE PIECE世界は、この『100年』の間に劇的な変化を遂げたのだと思います。

現在、ONE PIECE世界は一つの言語が世界共通語として使用されているようです。

これは、『空白の100年』に繋がる事であると思われます。

『空白の100年』明けにいきなり『世界政府』が誕生している点から見ても、共通語があった方がスムーズに事が進みそうです。

これから連想されるのが、『空白の100年』は、『世界政府』が誕生する準備期間であったという可能性もあります。

『世界政府』誕生以前には、少なくとも20の王国が存在したようです。
その中のアラバスタ王国ネフェルタリ王家以外の19の王家が『世界政府』誕生と共にマリージョアへと移住し、『神』を自称するようになった。
残された国々はそれぞれ別の王を立てて国家は存続している。

これは非常に不自然な事です。

19の王家が国を棄ててマリージョアに移住した理由は何なのでしょう?

甲塚には、『逃げた』ようにしか見えません。

何か途方もない事をしでかした責任を、新たな王家に押しつけて逃げたようにしか見えないのです。

しかし、19の王家の末裔である『天竜人』達は、『神』として好きなように振る舞い、彼らが『下々民』と呼ぶ一般人を人間扱いしていません。
『天竜人』は世界人口から見れば極々僅かであるはず。

そんな『天竜人』がのさばり続けている理由は?

何故、皆は『天竜人』を恐れて従っているのか?

それは、『天竜人』が権力ではない何か巨大な力を持っているからとしか考えられません。

その『巨大な力』とは、世界を滅ぼし得るほどの力だと思えます。

ワンピースの空白の100年考察|世界を滅ぼし得るもの

ワンピース空白の100年考察

ONE PIECE世界で『世界を滅ぼし得る』と言えば、白ひげ、そして黒ひげが持つ『グラグラの実』の能力か、『古代兵器』…

『古代兵器』は『プルトン』『ポセイドン』『ウラヌス』の存在が判明していますが、それ以外にも存在していて不思議はありません。

ここからは甲塚の妄想タイム(笑)

別記事で『天竜人』は元は高潔な人々だったと書いていますが、これは別の可能性。

『空白の100年』の時代にはまだ存在していたらしき『巨大な王国』。

それが『ラフテル王国』。

『ラフテル王国』は月から移住してきた月の古代文明の意思と技術を受け継いだ理想郷だった。

世界は『ラフテル王国』を中心に回っていた。

当時存在した『ラフテル王国』以外の王家は、『ラフテル王国』の思想や意向は人間は皆平等であり、自由に生きる権利がらあり、何者もそれを妨げるべきではないといったものであり、世界中の人々や王家もそれに従っていたが、その中の一人の王が、

『青海は、青海人によって導かれるべきだ』

という思想を持ち、その考えに賛同する他の王家と結託した。

その『思想』は、我が民など置き去りにした、権力欲や差別意識や嫉妬などから生まれた下劣なエゴに過ぎなかった。

20の王国は国王達のエゴによりラフテル王国と戦争状態となる。

しかし、ラフテル王国との力の差は歴然。

ラフテル王国はかねてからバリヤーのような防護壁に守られていた。
国から出たラフテルの民は今、天竜人達がつけているヘルメットかマスクのようなものを常用していた。

何とか勝つ術を探す中、ラフテル王国がバリヤーで守られ、ラフテルの民がヘルメットかマスクのような物をつけている理由が、青海人なら何でもないウイルスに免疫がないからである事を掴んだ。

とすれば、そのバリヤーさえ破壊してしまえば、ラフテルを滅ぼす事ができる!

ラフテルに戦いを挑んだ王家達は何らかの計略により、ラフテル王国にそのウイルスを蔓延させることに成功。

それにより、ラフテル王国は高度な文明を残して滅亡した。

それに至るまでにおよそ50年。

勝利した王家達は、ラフテルの文明を我が物とした。

世界を滅ぼし得る巨大な力を手に入れた者達は、その力に酔いしれ、王より上の地位を望むようになった。

そして、煩わしい王家の務めになど興味はなくなり、ただただ権力欲のみが高まり、国を捨てるに至る。

20の王家の血筋に連なる者をだけが選ばれし人間、いや、『神』である、それ以外の存在は支配されるべき奴隷であるとした。

それに有無を言わせぬ巨大な力を持っていた為、それは現実となった。

しかし、ネフェルタリ王家だけはその思想を拒絶し、人間である事を選んだ。

残された地上の国々はそれぞに別の王家を立てた。

しかし、『神』を名乗る者を達は支配しやすくする為に『世界政府』を作る事を命じた。

『世界政府』…

様々な文化や風習を持ち、常識も違う世界を一つにまとめ上げる事など、並大抵の事ではありません。

しかし、ラフテルが世界の中心にとなり世界を回していたのなら、ラフテルに勝った自分達にやれないわけはないと、天竜人達はその力を誇示する為にその巨大な力の一部を世界に見せつけた。

それにより、新世界の気候は滅茶苦茶に乱れてしまった。

また、天変地異なども発生し、多くの人間が命を落とした。

人々は巨大な力をもつ『神』の名の元に、『世界政府』として一つにまとめる事を強要された…

こんなシナリオ、どうでしょうか?

まあ、『空白の100年』に起こった禁忌の出来事は、一部の人間のエゴにより、その他圧倒的多数の人間が不利益を被り、それが現在まで続いているというのが大まかな流れとして考える事が出来るでしょう。

世界を滅ぼし得るもは自然現象や兵器より、人間のエゴだというのがONE PIECEのテーマなのかも知れませんね。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

【その他のワンピース関連記事】

ワンピースひとつなぎの大秘宝の正体は?|タイトルでもあるこのワードの謎とは?

ワンピース黒ひげの正体に迫ってみる|悪役ですが結構好きなんですよね~

ワンピースのdの意味とは?|神の天敵と称される理由

ワンピースのラスボスはシャンクス?|トキトキの実の能力者である可能性は?

覇王色の覇気は実在する!?|ワンピースが世に出る前から存在していました!

宝樹アダムはエルハブに生えている!?|ワンピース考察

ワンピース考察ホールケーキアイランド編も大詰め|9人目の仲間ジンベエがいよいよ正式に一味加入か?

ONEPIECE(ワンピース)ハリウッドで実写ドラマ化決定|製作費は史上最高の1話3億2千万円!

ONEPIECEの古代兵器ウラヌスについて考えてみました|最高神の名を冠するその力とは?

ビッグマムの過去は残酷!|漫画『ONE PIECE』最新86巻感想

覇王色の覇気麦わら海賊団で今後目覚める可能性があるのは?|本命はやはりゾロ!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする