ONEPIECE907話からシャンクスについての考察【ネタバレ】|シャンクスは王族か天竜人か?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ONEPIECE907話からシャンクスについての考察【ネタバレ】|『ある海賊』とは?


ワンピース907話ネタバレシャンクス五老星

『ある海賊』とは?

この『シャンクス?』は、五老星に『ある海賊』について報告か相談をしたいが故にマリージョアに現れたようです。

では、その『ある海賊』とは、一体誰を指すのか?

物語上、ルフィが最有力でしょうが、今は動向が翌日わからない黒ひげの可能性もあります。

また、この人物がシャンクスではないなら、シャンクスである可能性もあります。

しかし、この907話でガープをはじめとする前時代の海軍の猛者らしき男達とヒナ達の会話の中に登場した海賊王ロジャーが登場する前に最強だったという『ロックス』と呼ばれる海賊達の存在。

現在、船長を失ったようですが、力は増していると言われていました。

もしかすると、『シャンクス?』は、その『ロックス』について報告に来た可能性があります。

これについては、また別記事で考察してみたいと思います。

本当にシャンクスだったら?

『赤髪のシャンクス』からは、四皇の威厳に加え、どこか高貴な印象も感じられます。

彼がどこかの王族であったり、天竜人であったりしても、私的にはそう意外な事でもないような気がします。

しかし、王族ですら謁見が難しそうな五老星がわざわざそれに応えるという事は、かなり高い身分にあるものと思われます。

加えて、今回登場した『虚の玉座』…

もしかしたら、シャンクスは本来その玉座に座るべき血統を受け継ぐ存在なのではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする