【ワンピース962話以降考察】錦えもんと傳ジローについて|自由を貫く傾奇者の理想こそおでん様!?

Pocket

【ワンピース962話以降考察】錦えもんと傳ジローについて|若き日の赤鞘の2人

【ワンピース962話以降考察】錦えもんと傳ジローについてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース962話以降の展開予想考察として錦えもんと傳ジローを、

  • 【ワンピース962話以降考察】錦えもんと傳ジローについて|錦えもんについて
  • 【ワンピース962話以降考察】錦えもんと傳ジローについて|傳ジローについて
  • 【ワンピース962話以降考察】錦えもんと傳ジローについて|おでん様こそ理想

以上の項目に沿ってご紹介させて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンピース962話以降考察】錦えもんと傳ジローについて|錦えもんについて

錦えもんと傳ジローについての考察〜自由を貫く傾奇者の理想こそおでん様!?〜

ONE PIECEワノ国過去編にて登場した若き錦えもんと傳ジロー!
 
今回は妄想たっぷりに彼らのキャラクターを掘り下げ、未来について考えてみたいと思います!
 

錦えもんについて

39年前の錦えもんは金髪頭に派手な柄の着流しという、いかにもチンピラという言葉がぴったりな出で立ちをしていますな。
 
錦えもんはチンピラであると同時に、いわゆる傾奇者であるとも思われます。
 
錦えもんは方々で借金を抱え、鶴女の財布にまで手をつけるほどにお金に困っていますが、鶴女のセリフからすると頑なに働かないようです。
 
ワノ国では錦えもんくらいの年頃の男性は何かの組織に入り、そこで労働し、生活する為のお金を稼ぐ事が自然であるのでしょうが、錦えもんは何故働かないのか?
 
おそらく、そんな事が出来ない性格なんでしょう。
 
何か大きな夢を持っているが、それをどう実現すればよいのかわからない。
 
刀を腰にさしている以上、やはり夢は侍になるとか、侠客として名を馳せる…
 
また、博打で大金を得ようとしているようにも思えるので大金持ちになって鶴女を嫁にして面白おかしく暮らす、なんて事が夢であり、それは普通に働いていても到底叶わない事であると考えているのか?
 
また、単純に他人の下で働くのが嫌なのかも知れない…
 
そんか気がしますな。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする