【ワンピース考察】クイーンのブラキオサウルスに変形時の能力に強さ|デカさはビッグマム以上!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ワンピース考察】クイーンのブラキオサウルスに変形時の能力に強さ|変形というワードと付加された能力

ワンピース945話ネタバレビッグマムクイーンブラキオサウルス

変形というワードと付加された能力

クイーンがブラキオサウルスの姿になる前、機械化されているクイーンの左腕が何やら変形しているような描写があり、また、部下達もブラキオサウルスに変身していく様を『変形』と表現していました。

甲塚は前々から、クイーンがリュウリュウ古代種の能力者であり、機械化された身体から恐竜とメカが融合したメカ恐竜みたいな能力を持っているんじゃなかろうかと考えていたのですが、今回の左腕と変形というワードを足して考えてみると、やはりその可能性もあるかと考えてしまいます。

それを後押しするのがビッグマムと戦闘状態になるという展開…

純粋なブラキオサウルスの能力だけで、あのビッグマムに戦いを挑み勝てると考えるほどクイーンが短慮であるとも考えられず、必ず何か他の能力が付加されているはず…

プテラノドンの火災のキングにはその二つ名にふさわしい火の能力が付加されているようでしたが、疫災のクイーンから連想されるのは化学兵器のような物騒な能力…

身体から毒を分泌するよう能力ならビッグマムとて迂闊に手を出せないかもしれない。

クイーンはビッグマムとの戦闘で能力を奥の手まで見せないといけない事になりそうですな…

キッドとキラーを助けたいルフィからすればそんな余裕はないでしょうが、ルフィがふたりの戦いを見ておくのはよい事だと思えますな!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする