牛鬼丸が語ったワノ国とリューマの過去から考察|黄金の国のルーツはやはり月?


牛鬼丸が語ったワノ国とリューマの過去から考察|古代宇宙飛行士説に繋がる?

ワンピース最新937ネタバレゾロ人斬り鎌ぞう

牛鬼丸が語ったワノ国とリューマの過去から考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

【ワンピース考察】いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ワンピース937話で牛鬼丸が語ったワノ国とリューマの過去の話から、ワノ国の過去についての考察を、

  • 牛鬼丸が語ったワノ国とリューマの過去から考察|黄金の国
  • 牛鬼丸が語ったワノ国とリューマの過去から考察|月と黄金
  • 牛鬼丸が語ったワノ国とリューマの過去から考察|黄金と海楼石

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

牛鬼丸が語ったワノ国とリューマの過去から考察|黄金の国

ワンピース最新937ネタバレゾロ人斬り鎌ぞう

リューマとワノ国の過去についての妄想考察~黄金の国のルーツはやはり月?古代宇宙飛行士説に繋がる?~

ONE PIECE937話では牛鬼丸の口から剣豪リューマとワノ国の過去についての言及がありました。

今回は牛鬼丸のワノ国の過去についての発言を、妄想たっぷりに考察してみたいと思います。

黄金の国

大昔、ワノ国は世界から『黄金の国』として認識されていて、その黄金を求めて他国からの侵略に晒されていたようです。

甲塚は過去に別記事にてワノ国には何か大変に価値あるものがあり、それを狙って世界政府、ひいては海軍から攻撃を受けた過去があるのではないか?

また、その攻撃から国を守り通した故にリューマは英雄として祀られているのでは?
などと書いていますが、遠からず当たったようですな…

ワノ国の英雄リューマの強さとゾロとの関係考察|秋水はどこに?

その価値あるものを、甲塚は海楼石…おそらく藤山が巨大な海楼石の原石なのではないかと思いましたが、黄金だったようですね…

しかし、黄金といえば空島編の黄金都市シャンドラです。

シャンドラはポーネグリフを守るために800年ほど前に滅びた都市であり、シャンドラが位置していたジャヤの原住民シャンディアが都市の遺跡を守り続けていたわけですが、シャンドラは今空島に存在し続けていますな。

また、ジャヤのシャンディアは月の壁画にあるビルカの人物の中の男女と思われる二人と似た民族衣装に身を包んでいました。

どう考えても、シャンドラはビルカとの関係が深いはずです。

また、かつて黄金の国と呼ばれたワノ国にも月にまつわる『光月家』という存在があります。

しかしワノ国は、それ以外は月とは全く関係がないような文化形式ですよね…

まあ文化形式は関係ないのかも知れませんが、大事なのはワノ国の人間が国を守り通した意味です。

ジャヤのシャンディアと同じように黄金を守る為に国を守り通したのなら、その意思は共通だと言えるでしょう。

また、ワノ国の国内を見るにワノ国の人間は黄金に手をつけていないように見えます。

黄金を貿易に使って裕福になれる可能性もあるのに、それをしないばかりか鎖国までしている…

やはりワノ国の侍はシャンディアの戦士達と同じ役割りにあるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする