福ロクジュはワノ国のロブルッチ的存在か?|裏切りの意味についての考察


スポンサーリンク
スポンサーリンク

福ロクジュはワノ国のロブルッチ的存在か?|力こそ正義

ワンピース935話ネタバレクイーン懸賞金河松

力こそ正義

ONE PIECE世界、特に海軍やCPには独自の正義感を掲げる人物が存在しますね。

赤犬の『徹底的な正義』、青雉の『だらけきった正義』、黄猿の『どっちつかずの正義』は有名ですが、もう一人極端な正義を掲げる人物がいます。

ロブ・ルッチですな。

ルッチは『闇の正義』を掲げ、任務遂行のためにはどんな犠牲も正当化されると言い、最早狂信的とも言える赤犬よりも更にタチが悪そうにも感じてしまうほどです。

甲塚的に、ルッチの正義は弱肉強食の世界観であり、まさに『力こそ正義』を地でいく考えであると感じています。

これが福ロクジュと重なるんですよね。

福ロクジュは光月家を支える柱の一本とも言える人物だったそうで、ヒョウ五郎とともにカイドウとオロチからラブコールを受けていたとも言います。

ヒョウ五郎はそれを拒否した故に囚人となったのでしょうが、福ロクジュは完全にオロチ側についた模様。

それから察するに、福ロクジュはルッチと同じような考えの人物であり、ルッチが天竜人を『神』として扱い、天竜人の非道な振る舞いに反抗する地上の王族にすら『正義』を強要するように、福ロクジュは支配者は強くあるべきで、強さこそ正義であるとして、今力を持つオロチを守る事を正義として考えているのかも知れない…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする